石川遼、前半でスコアを伸ばすには至らず(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇10日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の第2ラウンド。国内復帰から先週まで4戦連続で予選落ちを喫している石川遼は前半をノーバーディ・1ボギーで1ストローク落とし、トータル5オーバー79位タイに沈んでいる。
【関連】ワキにタオルを挟む石川遼
賞金ランク4位の小平智は韓国の19歳イム・ソンジェと並び、トータル9アンダーで首位をキープ。1打差3位にマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、2打差4位タイに星野陸也、時松隆光、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いている。
賞金ランク2位の池田勇太と同3位の宮里優作はトータル5アンダー12位タイを並走。賞金ランク首位のチャン・キム(米国)はスタート前に腰痛のため棄権している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
会場に激震!賞金ランク1位のC・キムがビッグトーナメントを棄権
艶やか!ゴルフ好き芸能人の競演【プロアマ戦フォトギャラリー】
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
激スピン!『MD4ウェッジ』がズル過ぎる