ジェルウィン・アンカハス(左)と井上尚弥(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

アンカハス陣営が11月のタイトル戦後に統一戦計画「我々は米国で戦いたい」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の王座防衛に成功した井上尚弥(大橋)。次戦のマッチメークに世界から注目が集まっているが、IBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)陣営が再び統一戦実現に動いていることを明らかにした。スペインメディア「ラプラー」が報じている。

 井上は9月、カリフォルニア州カールソンのスタブハブ・センターで行われ、スーパーフライ級の猛者を集結させた「Superfly」で米デビューを果たした。WBO世界7位のアントニオ・ニエベス(米国)に華々しい6回TKO勝ちを収め、6度目の防衛に成功。世界から称賛を集め、次戦の相手に注目が集まっていた。

 そんな中、「プリティボーイ」の異名を取るアンカハスが名乗りを上げた。フィリピンの英雄、マニー・パッキャオが運営するMPプロモーションズに所属し、29戦27勝1分け1敗という戦績を誇るIBFスーパーフライ級王者は2度目の“挑戦状”を送っている。

「イノウエはジェルウィンに呼びかけているので、ショーンが対戦に向けて動いている。我々はアメリカで戦いたい。もし、ジェルウィンがこの試合でいい結果を出せれば、それが我々の計画だ」

 アンカハスのトレーナーでマネージャーでもあるジョベン・ヒメネス氏はこう語ったという。アンカハスは11月18日にジェイミー・コンラン(英国)とタイトル戦を行った後、アメリカで井上と統一戦を行うため、MPプロモーションズのマッチメーカー、ショーン・ギボンズ氏が動いていると、記事では報じている。

アンカハスも統一戦に意欲「対戦できれば、自分が最強の一人と証明することになる」

 記事では「統一戦を画策しているWBOチャンピオン、ナオヤ・イノウエはボクシング界で最大のライジングスターの1人」と評価している。

 ヒメネス氏は「Superfly」終了直後、フィリピン紙「マニラ・ブレティン」で「我々はそれ(井上戦)を切望している」「我々はその戦いに準備ができている」と話したと報じられていたが、最終的にアンカハス陣営が選んだのはコンラン戦だった。

 しかし、アンカハスも井上に加え、「Superfly」でニカラグアの英雄、ローマン・ゴンザレスを倒したWBC世界王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)を倒さなければ、スーパーフライ級最強を名乗ることはできないと自覚している。

「ラプラー」の記事によると、アンカハスは「(同級最強が)僕だということは言えない。以前にも言ったが、まだ他のチャンピオンと戦ったことがないからだ。もし、彼らと対戦することになれば、自分が最強の一人だと彼らに証明することになる。個人的には彼らと戦いたい。彼らのスタイルに対抗できるかどうか、知ることもできるからね」と語ったという。

 モンスター対プリティボーイという注目の統一戦は、今度こそ実現するのだろうか。