トランプ大統領の孫娘が中国語で歌う姿を映した動画が中国で大きな話題を呼んでいる。資料写真。

写真拡大

2017年11月10日、中国紙・環球時報によると、トランプ大米統領の孫娘アラベラちゃん(6)が米中友好の懸け橋になっている。

トランプ大統領は故宮を訪問した際、習近平(シー・ジンピン)国家主席にアラベラちゃんの動画を見せた。アラベラちゃんが中国語で習主席夫妻にあいさつした後、「我們的田野」など中国語の歌を歌い、「三字経」や漢詩を暗唱する姿が映されている。子どもらしくかわいい歌声とその姿は中国のネットユーザーの心をわしづかみにしているという。

アラベラちゃんが中国語を披露するのは、実はこれが初めてではない。2016年の旧正月にも漢詩を暗唱し、2017年の旧正月には中国語で新年のあいさつをしたほか、中国語で歌も披露する映像が公開され、やはり話題を呼んだ。

大統領補佐官でもあるアラベラちゃんの母親イバンカさんによると、アラベラちゃんは1歳半の頃から中国語を習い始めた。最初は中国系の家政婦に教わり、後に2人の弟とともにニューヨークの語学学校に通った。アラベラちゃんの中国語は現在ではかなり上達しているという。(翻訳・編集/岡田)