嵐 相葉雅紀、生田斗真の“おじさん感”を指摘 生田「あんたらも変わんねぇだろ!!」

写真拡大

 『VS嵐』(フジテレビ系)の11月9日放送回では、ゲストとして生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』チーム、プラスワンゲストとしてブルゾンちえみ with Bが出演した。

(関連:嵐、「Doors 〜勇気の軌跡〜」楽曲の特徴は? ドラマ『先僕』とのリンクから注目ポイントを探る

 スタジオに登場したブルゾンは「5年前くらいに本当にハマって、ファンクラブとかも入ってたんですよ」と過去に嵐のファンだった時期があったことを告白。そして「きっかけは(二宮和也が出演していた)『GANTZ』です」と言いつつ、いつの間にか熱が冷め、二宮と共演しても「何とも思わない感情でやってた」と明かした。これに対し二宮は「落ち込んでねぇ!」と返し、「じゃあ今は誰が好きなの?」と尋ねると、ブルゾンは「今は松潤」ときっぱり。松本が「それでいうとおかしいな、俺嵐だけど」と発言すると、ブルゾンは「強いて言うならという話です」と答え、笑いを誘った。

 「バウンドホッケー」のコーナーでは、生田が「なかなか最後まで球が届かないことが多くて」と不安を明かすと、二宮は「ズバ抜けて年が上行っちゃってるから合わない」と指摘。生田が「ズバ抜けてはないよ」と否定するも、相葉雅紀が「おじさん感あるもんね」と共感すると、生田は「やめとけ! あんたらも変わんねぇだろ!!」とすかさずツッコミを入れた。

 そして“ブルゾンすずwith T”として、映画で世界史の先生役の生田、映画『ナラタージュ』で社会科の先生役を務める松本、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で校長役である櫻井の3人が広瀬を囲み、ブルゾンちえみのモノマネを披露してスタジオの笑いを誘った。

 特別企画「暗闇脱出ゲーム」では、イタズラ役の生田と櫻井が脱出役の松本たちを脅かすことに失敗し、すぐにゲームが終了してしまうという大失態を犯す。しかし櫻井は「俺と斗真やっちゃってる!? 冷静に確認すると、相手があまりにも強すぎたよね?」と言い、生田も「松潤とかがやっちゃってるわけよ」と強気な姿勢。しかし松本は「だって見えたんでしょ二人は? どういう状況かは分かってたわけでしょ? それはこっちじゃなくてそっちがやっちゃってるよ」と冷静にツッコミを入れた。

 最終的に勝利したのは『先生!』チーム。次回11月16日の放送回では、舞台『髑髏城の七人 Season月』チームとして福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、渡辺いっけい、宮野真守、鈴木拡樹が、プラスワンゲストとして丸山隆平が参加予定だ。(向原康太)