日本代表DF、ブラジル戦先発ポロリで苦笑い 「おー」発言で浮き彫りになった選手は…

写真拡大

守備の対応について言及した際、長友の口から大迫を想起させる発言が飛び出す

 日本代表は10日にフランスのリールでFIFAランク2位のブラジルと国際親善試合を行う。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は試合前日会見で、「誰が先発するかということですが、まだ分かりません」と悩める胸の内を明かしていた。選手たちも口々に自分が出場した場合のプレーを想定していたが、インテルの日本代表DF長友佑都の口からある選手の先発を想起させる発言が飛び出した。

 ブラジル戦に向けて長友は、「まずは守備。チームとして、ブラジル相手にどれだけ守れるかというのが大事」とポイントを挙げると、さらに「監督もポゼッションで勝てるわけじゃないと言っているし、次のワールドカップは相手にボールを持たせてカウンターというサッカーになってくる」と本大会を見据えたスタイルにも言及している。

 さらに具体的な守備の対応について「前から守備に行く時は前の選手からスイッチを入れるので…」と話した直後、「おー…、うーん、まぁ誰が出るか分からないですけど、FWの選手がスイッチを入れた時にいかに連動していけるか」と続けた。

 前線の選手で「おー」に該当するのは、FW大迫勇也(ケルン)のみ。長友はピッチ上の俊敏性を思わせる反射スピードでお茶を濁している。

 前線の軸は大迫であり、納得の起用とも言えるが、思わず口にしてしまったプチハプニングに長友も苦笑いを浮かべていた。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images