日本代表、ブラジル戦予想スタメン 中盤は長谷部の状態次第、浦和勢のテストはこの試合か

写真拡大

FIFAランク2位ブラジルと激突、ACL決勝を控える浦和勢は優先起用の可能性

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日にフランスのリールでFIFAランク2位ブラジルとの国際親善試合に臨む。

 格好の力試しとなる一戦で、日本はどのような11人を先発として送り出すのか。

 まず焦点となるのは、浦和レッズ勢の起用法だ。浦和からGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三の5選手が選出されている。ブラジル戦後、14日にベルギー戦を控えるが、浦和は18日にアル・ヒラルとのACL決勝第1戦を敵地サウジアラビアで行う。14日に浦和勢が90分出場するとなれば、中3日の日程でACLの大一番を迎える形となるが、ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見の場で「日本のことを考えれば浦和のファイナルはとても大切であり、みんな誇りに思っている。浦和に配慮している」と語っている。

 新戦力の長澤を長い時間起用するのであれば、このブラジル戦が格好のタイミングだろう。長澤自身は「1.5列目というか、攻撃的MFの方が攻守で良さが出せると思う」とアピールしており、インサイドハーフでの出場が予想される。

 また、チームとして守備をポイントに置く11月シリーズでは、バランスの乱れを回避する意味で、1試合を通じてCBコンビは固定か。ベルギー戦で槙野がフル出場するとACL決勝に響くため、90分間起用するのであればブラジル戦で先発だろう。

長谷部のコンディションに一抹の不安

 最後尾は絶対的守護神の川島永嗣。最終ラインは左サイドバックに長友佑都、最終ラインの柱であるCBに吉田麻也、右サイドバックに酒井宏樹で確実視される。

 中盤はアンカーを一枚置くか2ボランチ起用、そして長谷部のコンディション次第で組み合わせも変わりそうだ。練習では他の選手がパス回しをしているなか、ピッチ脇で一人入念に体の状態をチェックするなど一抹の不安を残している。長澤の抜擢と長谷部の起用を前提とすれば、残る1枠を山口蛍と井手口陽介が争う。経験値を踏まえれば山口の起用が妥当だろう。もっとも、井手口はここまで6試合連続出場を続けており、指揮官も「これから伸びていく」と期待を寄せる逸材だけに、継続起用もありそうだ。

 最前線は大迫勇也、左ウイングは原口元気、右ウイングは久保裕也が濃厚か。ただし、序盤からカウンターに徹するのであれば、右に浅野拓磨の起用もあり得る。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images