プロ20年目の遠藤保仁、「年を取ったな」と感じる瞬間って?

写真拡大

今季でプロ20周年を迎えた遠藤保仁。

ガンバ大阪の応援プログラム「GAMBA FAMiLY」で、プロデビューから20年が経過し感じた“変化”について語った(03:12から)。

遠藤 保仁(ガンバ大阪)

(デビュー時、20年後の自身をどう想像していた?)

「いや、想像してなかったっすね。

まず20年っていう数字、何年やろうっていうのも。何の目標もなかったんで。

1年目の頃はただがむしゃらにサッカーしてたっていう感じでしたね」

(20年経って変化は?)

「んー、年取ったなと思いますよ」

(例えばどんな時に?)

「メンバー表見た時とか。

あと若い子がカズさんのプレーをよく知らないとか、ラモスさんのプレーをよく知らないとか。

やっぱそういう話をメシの時とかにすると『おまえら何歳なん?』って思う時はありますよ」

1998年にプロデビューを果たした遠藤。

現在のチームには1998年以降に生まれた選手が18人もおり、Jリーグ発足当時を彩ったスター選手のプレーを知らないことに驚いているようだ。