9日、フィギュアスケートの羽生結弦が、10日に開幕するNHK杯の公式練習中に右足を負傷。中国と韓国のファンからも悲痛な声が上がった。写真は羽生。

写真拡大

2017年11月9日、フィギュアスケートの羽生結弦が、10日に開幕するNHK杯の公式練習中に右足を負傷。中国と韓国のファンからも悲痛な声が上がった。

羽生は同日、グランプリシリーズ第4戦のNHK杯の公式練習に臨んだが、4回転ルッツを跳んで着氷した際に右膝が曲がるような体勢で転倒し、負傷した。同日の記者会見には治療のため出席しなかった。なお、羽生は大会に出場する意思を示しているという。

アジア圏で熱狂的なファンを持つ羽生だけに、この情報は中国や韓国でも注目されており、中国メディアは「羽生結弦が転倒して負傷、苦痛の表情にファン心配」(騰訊体育)、「羽生が右足負傷、(NHK杯)3連覇に暗雲」(網易体育)などと、韓国メディアは「日本のフィギュアスター羽生、足首負傷…五輪2連覇に赤信号?」(ノーカットニュース)、「男子フィギュアの金候補・羽生、練習中負傷」(スポーツ朝鮮)などと伝えている。

また、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、「イヤ…(泣)」「心が死ぬほど痛む」「きっと大丈夫。すぐに良くなるはず!」「周囲がだめだろうと思った時、彼はいつも奇跡を見せてくれてきた。フィギュアの神様、どうか彼をお守りください」「もしグランプリファイナルに行けなかったら残念で仕方ない。でも、やっぱり健康が第一」「彼の意志の強さは並大抵じゃない。不屈の性格は決してけがや病気に負けたりせず、決めた目標は何があっても手放しはしない。どうか全てがうまくいきますように」といったコメントが並び、手を合わせて祈る絵文字も多数見られる。

一方、韓国のネットユーザーからは「どうしたらいいの…(泣)」「羽生くん、頑張って」「深刻なけがでないことを祈る」と気遣う声や、「羽生の演技は絶対見たい。大きなけがでないといいなあ」「韓国に羽生ほどの実力を持つ選手はいない。早く元気になって平昌五輪で思い切りその技量を見せてほしい」と回復を祈る声が寄せられた。また、「平昌五輪はこれでもう失敗が決まったね」「平昌五輪の出場候補では数少ない『チケットパワー』のある選手の一人なのに。もし出ないことになったら日本のおばちゃんたちが続々と観戦をキャンセルしそう…」と、平昌五輪への影響を懸念する声も少なくなかった。(編集/北田)