日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

現体制でわずか4失点。組織守備を身につけたブラジル

 日本代表は10日、フランスのリールでブラジル代表と対戦する。国際親善試合だが、世界トップクラスの相手に実力を測れる重要な一戦に違いない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は勝つためのプランを練っている。新たな戦闘服を身にまとい、王国の戦士たちに立ち向かうサムライの採るべき道とは。(取材・文:河治良幸【リール】)

----------

「ボールを奪ったら何をすべきかを完璧に説明している」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は現在の世界最強国とリスペクトする相手にも本気で勝ちにいくための準備をしている。つまり点を取るということだ。日本代表は10日、フランス・リールでブラジル代表と対戦する。

 直近の直接対決3試合で11失点してきた相手に守備の部分がフォーカスされるが、実はその3試合で一度もゴールを挙げられていない。現在のブラジル代表には国内随一の名将との声も名高いチッチ監督が組織的な守備を植えつけ、彼の就任後15試合で4失点しかしていないことも見逃せない。

 その相手に対し、タイトな守備でボールを奪い、そこからいかに効率よくチャンスを作りゴールを仕留めるか。指揮官は「ボールを奪った時にどう動くか。どこにつないで誰に出すか。背後なのか」を選手に伝えたと言うが、最も有効な武器となりうるのが左サイドで原口元気が前を向き、カットインから中に入り込んでいく形だ。

「ボールを取った時にどれだけ落ち着けるか、そこはブンデスでやっていて、バイエルンとかとやる時には1つのポイントだと思っているので、バイエルンとかとやるイメージで僕はやるつもりです」

 そう語る原口は合宿2日目にハリルホジッチ監督から直接指導を受けて左サイドからのカットインを練習していた。そこではドリブルで運び切るパターンと中の選手にグラウンダーのパスをつけ、素早くリターンを受けて加速するパターンに取り組んでいた。その相手は主に大迫勇也になるだろう。

「時間をかけて攻めたらやっぱり能力の高い選手が多いので、相手も、守備能力の高い選手が多いから、そこは厳しいとみんなで話して、そこは本当に効率良く」

 そう語る大迫がチアゴ・シウバやジェメルソンを背負いながらシンプルにパスを返し、ボールを受けた原口が一瞬のスペースを逃さずにバイタルエリアを突いていけば、対人能力に自信を持つ相手CBにも十分な対応をさせずにフィニッシュまで持ち込むことができるはずだ。

日本が見せたい前線の効果的なコンビネーション

 原口がマッチアップする右SBのダニーロは厳しく縦を切ってきても、カットインにしぶとくつき切らずに中央へ自分のマークを受け渡す可能性が高い。そこで「ポジショニングであったり、(持ち場を)空けるタイミングだったり、相手との駆け引きでうまくやっていきたい」と語る大迫がCBを引きつけながらリターンパス、あるいはワイドに釣り出してスペースを生み出せれば、原口がゴール方向へ仕掛けやすくなる。

 もう1人のキーマンになりうるのが長澤和輝だ。「チームでやっているところと近いところ、1.5列目というか、攻撃のMFの部分が攻守で良さが出せるかなと思います」と語る長澤は、その希望通り、中盤の攻撃的なポジションでの起用が見込まれる。ただし、彼に求められるのはボランチと遜色ない守備のタスクと攻撃での素早く正確なプレーだ。

 守備では主に相手のアンカーを務めるカゼミーロにしつこくマークについて起点を作らせず、その周囲でのインターセプトを誘発する。攻撃に転じれば、カゼミーロを外してスペースに飛び出し、大迫や原口、あるいは右サイドの久保裕也と絡んでゴールへの迫力を出す役割だ。特に原口がボールを持つ局面で長澤がうまくサポートできれば、ブラジルのディフェンスを破れる可能性は高まる。

 ハリルホジッチ監督は全員が攻守に関わることを理想とするが、ブラジル戦では守備は全員でも、攻撃はカウンターから前の4、5人が効率よくゴールを狙う形が大半になるだろう。そこで大迫を起点に原口や長澤が仕掛けに絡み、逆サイドから久保が飛び込んで来るような流れをどれだけ作れるか。そこでブラジルの隙を突いて仕留め切れば得点の可能性が高まるし、できなければある種の“事故”頼みの攻撃になってしまう。

原口が狙う「ふわっとする瞬間」。決め切る力が試される時

 原口は語る。

「相手(の守備)もふわっとする瞬間はあると思うので、その瞬間にいいコンビネーションができれば点は取れる。なので(周りの選手と)なるべく話し合って。初めての選手も多いですし、なるべくいろいろ特徴を考えたりとか、話し合いながら、やらなきゃいけないなと思います」

 もちろん試合の終盤になればブラジルのディフェンスにもよりスペースが生じやすくなる状況で、乾貴士のドリブルやボールキープから左SBの長友佑都を追い越させるプレー、杉本健勇のアクロバティックなフィニッシュが殊勲のゴールにつながる展開も起こりうるが、前半から守り倒しではなく、ボールを奪ったら積極的にブラジルのディフェンスを脅かす攻撃を仕掛けていきたい。

 ただ大迫が言うように、これまでの対戦でもチャンスがなかったわけではない。決め切っていればブラジルに少なくとも一矢報いることはできたが、決まらなかったのだ。そこは決定力という言葉にすれば簡単だが、やはり狙いを持った攻撃でゴール前に迫ること、そしてゴール前の落ちつきが重要になる。そこまでいってもGKアリソンという高く分厚い壁はあるが、狙いがうまくハマればフィニッシュのイメージも明確になる。

 この試合でゴールという結果はもちろん、強豪国を相手に守備で耐えるだけではなく、攻撃で効率的に相手ゴールを脅かすチャンスを意図的に作り出せれば、ロシアW杯本大会に向けての1つの手応えになるはずだ。

(取材・文:河治良幸【リール】)

text by 河治良幸