【LINE】友達の紹介から「恋愛」につなげるには? “印象アップ”ポイントはココ!

写真拡大

友達の紹介であれば、パーティーでいきなり知らない人と出会うよりも恋愛に発展する確率は高くなるものでしょう。

「本命」「セカンド」はココで分かれる! 男子がぶっちゃけた“彼女の判断基準”5つ

コミュニケーションツールとしてかなり浸透してきているLINEは手軽で、恋のきっかけとしては重要なツールでもあるはず。今回は恋へつなげるためのポイントをご紹介していきます。

会うまでに好印象を

実際に会うまでに好印象を与えるツールとしてLINEは役立ちます。あなた自身を事前に良く知ってもらうチャンスです。あなたの趣味など少しずつあなたの情報を伝えていくことにしましょう。

いきなり長文を送ったりはせず、「休日は何をして過ごされますか?」といったような、短めの会話が良いでしょう。

友達の紹介だからといって、事前に全く情報が無いと、赤の他人同士がいきなり会うのと同じこと。両方ともに警戒や遠慮をしてしまうので、会話は盛り上がりません。

緊張をほぐすという意味でも、ある程度事前にLINEでやり取りをしておきましょう。

初回のメッセージですべてが決まる

友達の紹介でLINEを知った場合、どちらかのLINEアカウントを教えてもらうことになります。実は初回の挨拶のメッセージで、印象はほとんど決まってしまいます。

もちろん実際に会って印象を覆すことはできますが、悪印象を覆すのは至難の業。男性なのに顔文字やスタンプを、突然多用してくる相手を想像してみましょう。

また、最初から妙に馴れ馴れしいトーンのメッセージが届いた場合も想像してみましょう。どう思いますか?

あなたをどう相手に印象づけたいか、しっかりと考えた上で、初回のメッセージは出すようにしましょう。

関係を緩やかに継続させるツール

一度実際に会った後も、できれば、あなたから何度かメッセージを入れてみましょう。「メッセージが届いたら返す」という受身の姿勢を取っている方もいるようですが、友達の紹介の場合は、もう少し積極的に動いた方が良いと思います。

友達を介しての紹介ということで、お相手も期待している部分もあると思います。たくさんのメッセージを送ることができないことを逆手にとって、お互いの関係を緩やかに継続するという意味ではLINEはとても良いツールになります。

合わない場合は断り方に配慮する

紹介してくれた友達に迷惑がかかることは控えましょう。あなた自身の気持ちよりも友達の立場にたって考えるようにしましょう。

あなたが実際に会って、恋愛対象として興味が無いのであれば、彼自身に伝える前に、お友達に一報入れておきましょう。既読無視などはせずに、彼自身にも、友達と相談した上で、あなたの気持ちを伝えるようにしましょう。

LINEはすぐに送ることができますが、あなた自身の気持ちだけを一方的に伝えてしまうと友人関係にもヒビが入ってしまうリスクがあります。

いかがでしたか?

LINEという便利なコミュニケーションツールのメリット、デメリットをしっかりと理解した上で、効果的に利用していきましょう。

友達の紹介ということで良い縁につながれば、紹介してくれた友達も喜んでくれることでしょう。

(ライター/神崎志乃)