ハリウッド版『君の名は。』に「興味ない」と語った新海誠監督(C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 俳優の神木隆之介とアニメーション映画監督の新海誠が10日、東京・国立新美術館で行われた展覧会『新海誠展 −「ほしのこえ」から「君の名は。」まで−』プレス向け内覧会に来場。一足先に展示物を見て回ったという神木は「新海監督のすべてが詰まっている展覧会だと思います。入ってすぐに『わぁー』ってなりました」と声を弾ませた。

【動画】神木隆之介『新海誠展』に来場 「君の名は。」あの名シーンも展示

 同展では、新海監督の15年におよぶ軌跡を貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを通じて紹介。個人制作の『ほしのこえ』から、昨年公開し記録的な大ヒットとなった『君の名は。』までを完全網羅し、新海アニメーションの魅力に迫る。

 『君の名は。』は、J.J.エイブラムス氏プロデュースにより米ハリウッドで実写映画化されることが発表。今年に入っても新たな展開を見せているが、新海監督は「よく自分の作ったものを子どもに例えたりしますが、子どもがどうなっていこうが僕はあんまり興味がない」と率直な思いを打ち明けた。

 その真意について「ハリウッド版が作られるという発表がありましたけど、どうなるのか楽しみだなということと同時に、もう旅立ってしまったものだから、どういう大人になるかは、彼(作品自体)の問題だという風に思ったりします」と説明。「この展覧会も、そういう風に距離感を持って見ていたんですけど、僕が作ったどうこうというより美術展としてすごくフレッシュだなと感じました」と笑顔を見せていた。

 史上初となる国立の美術館での現役アニメ監督による同展は、11日から12月18日まで、企画展示室2Eで開催される。