配達員さんと配達先のワンコは相思相愛♡ 犬好きの配達員たちが運営するSNSアカウント「UPS Dogs」

写真拡大

アメリカの大手運送会社「ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)」で働いている、犬好きの配達員たちが運営する「UPS Dogs」というSNSアカウントには、可愛いワンコたちの投稿がいっぱい。

「UPS Dogs」は2013年から続いているアカウントで、フェイスブックとインスタグラムの両方があるそう。配達員さんと仲良くなったワンコたちがお家で待ち構えている様子など、ワンコと人間の交流がわかる画像や動画がたくさん投稿されています。

【配達員さんとワンコたちは相思相愛♡】

配達先で出会うワンコたちの存在は、多くの配達員さんにとって「癒し」。写真を見ると、老若男女問わず、さまざまな配達員さんたちがワンコと一緒にこぼれるような笑みを見せています。

一方のワンコたちも、配達員さんと触れ合う時間を楽しみにしている様子。

「待ってたよ〜!」と自らスリスリしているワンコに、抱っこされてご満悦な表情を見せるワンコ。

さらには車のステップにまで足を踏み入れて、「遊んで……!」とせがむような視線を送っているワンコの姿もあります。なにこの相思相愛っぷりは! 見てるこっちまで、めちゃくちゃ癒されるんですけども〜!

【ワンコと配達員さん、いつまでも仲良くね〜!】

アメリカ国内で働く「UPS」ドライバーたちの巨大ネットワークとも言える「UPS Dogs」。投稿されている写真は、メールでも広く募集を募っているそうで、アカウントに登録しているドライバーさんから寄せられたものもあれば、UPSを利用しているお客さんから送られたものもあるんですって。

おそらく今後も増え続けるであろう「UPS Dogs」の写真。可愛いワンコたちとの交流は、配達員さんにとっての “福利厚生” のようなものなのかもしれませんね!?

参照元:Facebook、Instagram @upsdogs
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る