テイラー・スウィフト、カントリー・ミュージック・アワーズで最優秀ソング受賞

写真拡大

金曜日(11月10日)、ニュー・アルバム『Reputation』をリリースし再び旋風を巻き起こすであろうテイラー・スウィフトが、水曜日(8日)アメリカで開かれた<Country Music Association Awards(カントリー・ミュージック協会賞)>にて、「Better Man」でソング・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

◆テイラー・スウィフト動画

同曲はリトル・ビッグ・タウンのシングルとして2016年秋にリリースされたが、テイラーが作詞・作曲したもので、彼女は今回、カントリー音楽のソングライターとしての才能が称えられた。NYでリハーサル中だったというテイラーは授賞式に出席しなかったが、TV中継を見ていて自分の名前が読み上げられ仰天する映像を「@littlebigtownとCMAs、愛してる」とのコメントと共にツイートした。

ナッシュビルで開かれた第51回<Country Music Association Awards>では、エンターテイナー・オブ・ザ・イヤーにガース・ブルックス、最優秀男性ヴォーカリストにクリス・スタップルトン、最優秀女性ヴォーカリストにミランダ・ランバート、最優秀ヴォーカル・グループにリトル・ビッグ・タウンが選ばれ、クリス・スタップルトンは最新作『From A Room : Volume 1』でアルバム・オブ・ザ・イヤーも受賞した。

Ako Suzuki