大ギャラリーに見守られながらスタートした石川遼(撮影:小路友博)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇10日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
静岡県にある太平洋クラブ 御殿場コースにて行われている「三井住友VISA太平洋マスターズ」2日目。10時10分に石川遼が首位の小平智、宮本勝昌と共にスタートした。
【スイング連続】遼が本気で選んだ!理想のスイングトップ2
初日に4オーバー・81位タイと大きく出遅れた石川は、1ホール目をパーとしてコースへ。何とかバーディを先行させて並みに乗りたいところ。首位から出た小平も同じくパー。トータル9アンダーまでスコアを伸ばした任成宰(韓国)に並ばれている。
その他、賞金ランク2位の池田勇太はスタートホールでバーディを奪い、トータル5アンダーの12位に浮上。同3位の宮里優作は1ホール目をパー。トータル6アンダー・6位につけている。
賞金ランク1位のチャン・キム(米国)がスタート前に棄権をしただけに、賞金ランク上位勢は良い位置で決勝ラウンドへと進みたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

大会自己ワースト“76”でもうつむかない 石川遼の強い決意
石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る
合宿中のイ・ボミが石川遼出場大会を観戦
スタート4時間前から念入り調整 石川遼、2017年新たな取り組み