守備のタスクが多くなりそうだが、FWとしての最大の仕事、ゴールは「もちろん、狙っている」。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 相手がブラジルであれば、「守備の時間が長くなる」のは当然だろう。我慢を強いられることになりそうだが、「ただ引くだけでは、勝つ確率もない」と言うのは大迫勇也だ。
 

「しっかり取りに行けるように」と、積極的なディフェンスも見せるつもりでいる。その際、最前線の大迫の動きが合図となり、後ろの選手たちがそれに続く。連動したグループ戦術で相手をハメることができれば、ペースを掴めるかもしれない。
 
 もっとも、守備面でのタスクと同時に、FWとして決定的な仕事にも期待がかかる。大迫は「もちろん、狙っている。点を取るチャンスは絶対に来ると思うので」と、ストライカーとしてのプライドを滲ませる。
 
 いかに攻撃を繰り出すか。大迫のイメージはこうだ。
 
「シンプルな攻撃になると思う。相手には守備能力の高い選手も多いから、時間をかけて攻めれば厳しいというのは、みんなと話している。効率良く、なるべくゴールに向かって速く、という形はみんなの頭の中にあると思う」
 
 押し込まれれば、チーム全体のラインが下がり、CFの大迫が孤立するケースもある。そうなった時には、「僕が頑張る」とその言葉に力を込める。
 
「ポジショニングだったり、受けるタイミングだったりを、相手との駆け引きのなかで、うまくやっていきたい」
 
 攻守両面で多忙を極めそうなブラジル戦で、不動のエースは目に見える結果を、チームを勝利に近づけるような活躍を示せるか。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【欧州遠征PHOTO】ネイマールの貫禄に圧倒!日本、ブラジル代表共に会見と練習の様子をお届け!