ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

ATPツアーファイナルに出場する8人が自撮り、撮影役は最年少ズベレフ

 男子テニスのATPツアーファイナルは12日に幕を開ける。開会に先立ち、今季のフィナーレを飾る大会に出場する8選手は、恒例となっている出場選手による自撮り写真を撮影。アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が撮影役を務め、撮られた“奇跡の一枚”をATPツアー公式ツイッターが公開し、ファンに「なんて豪華なんだ」「みんなイケメンだ」と興奮を呼んでいる。

 今年のテニス界を彩った最強の8人が集結した。12日に幕を開けるATPツアーファイナル。開幕前のイベントで集まった選手たちは、恒例となっている自撮り写真を撮影した。ATPツアー公式ツイッターは「やぁ、皆さん。これが2017年の世界トップ8の顔ぶれだ」とつづり、“奇跡の1枚”を掲載している。

 夜景をバックにして撮影役を務めたのは、最年少20歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)だ。一様に黒のスーツでビシッと決め、背後にはロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)の黄金コンビが両サイドに立ち、ドミニク・ティエム(オーストリア)、マリン・チリッチ(クロアチア)ら、今年のツアーで活躍した選手たちが1枚の写真に収まっている。

 これにはファンも「なんて豪華なんだ」「みんなイケメンだ」などと感激の様子で「フェデラー来年も勝ってくれ!」など声援も飛んでいた。今年は「BIG4」を掲載するアンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に加え、3年連続で出場していた日本の錦織圭(日清食品)も故障の影響で出場を逃した。

 それでも、2017年シーズンで躍動した選手たちは超豪華。テニス界の最高峰の戦いは、どんな熱戦となるのか。世界のファンも楽しみにしている。