@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

C7最後、ZR1は今年のLAで公開か

シボレー・コルベットZR1が12月11日、ロサンゼルス・モーターショーにて姿を現すことがわかった。

これは同社がInstagram上で公開したプレビュー動画に明記されていたことから判明したもの。エグゾーストノートと車体一部が映像には含まれている。

No description necessary. #Corvette #Vette

Corvetteさん(@corvette)がシェアした投稿 - 2017 11月 8 8:17午前 PST

新型は2009年のC6より110psほど上回る、およそ760psを発揮すると見られる。

ライバルとして考えているのは、ポルシェ911GT3をはじめ、フォード・シェルビーGT500マスタング、ダッジ・チャレンジャー・ヘルキャットだろう。

シャシーセッティングはサーキット走行も見据えたもの。マグネティックライド・コントロールを組み合わせるサスペンションもやはり硬い仕立てで、スタビライザーも強化型となるのではないだろうか。

指定タイヤはミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2だと予想される。GT3規模の大きなウイングが生むダウンフォースとやり合うには当然のこと。フロント・スポイラーも大きくなるうえ、思い切りくり抜いたエアダクトも物々しい。

ところでC8型の噂もすでに飛びかっている。ミドエンジン車になる可能性が高いが、そちらのほうはどうなっているのだろう?

AUTOCARの予想値/ミドエンジン車は?

すでに手にしているテスト車両を観察すると、カーボンセラミックブレーキを組みこんでいることがわかる。ただし標準ならばスチール製ローターにとどまる可能性は高い。

AUTOCARの予想する0-100km/h加速タイムは約2.9秒。最高速度は300km/hほど。

ウェブサイト等で正式に姿を現すのは今月の終わりくらいからと見られる。

べつの見方をすれば、C7世代の最後のモデルというだけでなく「フロントエンジンのコルベットとしては最後」ということになる。

次期コルベットはミドエンジンのレイアウトを採用することは既にご存知のかたも多いだろう。スパイ写真は今年はじめに入手済み。

AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『C7/C8型コルベット』すべての画像を見る」から、入手した全スパイ画像をお楽しみいただける。