亀田史郎「洗脳で育てた」3人息子の知られざる愛情とは

写真拡大

亀田三兄弟の父である亀田史郎が、11月9日に放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12〜)に出演。亀田家の親子愛が話題となった。

自身の息子3人を世界王者に育て上げた史郎。リング以外の挑発的なスタイルなどで亀田ブームを巻き起こしたが、度重なる騒動でセコンドライセンス無期限停止処分を受けている。

まず、三兄弟をどう世界チャンピオンに育て上げたのか聞かれた史郎は「洗脳!」とキッパリ。「小さい時から“コイツを世界チャンピオンにする”っていうレールを作ってしまったから、そのために毎日洗脳するわけ。“お前は世界チャンピオンや。ごっつい金儲かるで”とか、とにかく色んなことを言い続けた」と振り返った。

また、朝起きてからの行動も決まっており「普通は学校やねんけど、遅れてもいいから、とにかく“階段走れ”と。もちろん学校の先生にも“ちょっと遅れるよ”って言うてるから」と学校側に断って練習していたことを明かし「(ダメなことだと)分かっているよ。けど、単に義務教育で学校に行って、席に座っても寝てる子もおるし。こっちは夢を求めてやっている。間違ってるけど、これが亀田スタイル」と信念を語った。

様々なことを振り返る中で、MCの名倉潤は「バラエティーで(長男の)興毅と話しててさ、“親父めんどくさい”とか悪口言うてもええやん。あいつ絶対言わへんもんな。それがすごい」と話すとゲストで来ていたTKOの木下隆行は「昨日、興毅からLINE来たんですよ。“明日一緒なんでしょ? お父さん10年振りのテレビで一生懸命頑張るので、よろしくお願いします”っていう……親父愛がスゴい!」と絶賛。すると史郎は「あいつ(小さい頃に)ムチ入れられてるから、俺がテレビ出たときには、逆に俺にムチ入れんねん。プレッシャーかけよる」と話した。

もう一人のMCである河本準一は「ユーモアがあったんですよ。(練習が)厳しかったって言うてますけど、家族で笑いは絶えなかったでしょ?」と質問すると「そうそう。ずっと喋って笑いばっかり」と世間のイメージとは真逆であることを明かしていた。