原作者・荒川弘が新作エピソードを描き下ろし 山田涼介主演『鋼の錬金術師』入場者特典決定

写真拡大

 山田涼介主演映画『鋼の錬金術師』の第1弾入場者特典として、原作者・荒川弘が描き上げた新作エピソード“鋼の錬金術師0”が配布されることが決定した。

参考:山田涼介主演『鋼の錬金術師』は世界的な“漫画原作映画”となるか? アクション×CGの融合への期待

 本作は、全世界シリーズ累計発行部数7,000万部を超える人気コミックを実写映画化したファンタジー。幼き日に最愛の母親を亡くした兄エドと弟アルの波乱に満ちた旅と成長のストーリーを描き出す。主演の山田がエドを演じるほか、本田翼、ディーン・フジオカ、大泉洋、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子らがキャストに名を連ねている。

 公開初日の12月1日より配布が開始される”鋼の錬金術師0”は、原作者の荒川が完成した映画に触発され7年ぶりに描き上げた、映画に紐づく序章となる新作エピソードで、主人公エドが国家錬金術師になった直後のストーリーが描かれる。荒川は「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました」とカバーにコメントを寄せており、最年少で国家錬金術師となったエドが、身体を取り戻す旅に出る前の前日譚や、“あのキャラクター”の衝撃の姿も描かれるという。兄弟の旅立ちの物語を含む特別コミックの内容は、本日11月10日発売の『月刊少年ガンガン』内で詳細情報が記載されている。

 完成した映画を一足先に観賞した荒川は、10月に行われた完成報告会見で「観た瞬間、『エドがいる!』って驚いて、冒頭からアクション全開で一気に世界観に引き込まれました。この物語を1本の映画にまとめるために大変苦労をされたと思いますが、原作への寄り添い方とずらし方が絶妙で原作ファンの皆さんにも『こう来たか! こう来たか!』って、全編飽きることなく、楽しんで頂けると思います。そして山田涼介くんが、エドが背負った罪を見事に表現されている。エドとアルの兄弟は、壮大な旅の中でどんな選択をするのか。エンドロールできっと、涙が溢れてくると思います。純粋に楽しかった。自分でマンガを描いておいて何ですが(笑)」と絶賛のコメントを寄せていた。

 また、12月23日からは、この荒川描き下ろしの表紙ビジュアルを使用した、第2弾入場者特典の2018年ポスターカレンダーも配布される。なお、入場者プレゼントはなくなり次第終了となる。(リアルサウンド編集部)