効率が重視される世の中だからこそ、振り返って考えたい(写真:tomos / PIXTA)

とにかく「スピードが正義」とされる現代社会、私たち自身も知らぬ間に「速いことこそよいことだ」と思い込んではいないだろうか?
どれだけ速く決断を下せるか、どうすれば仕事を効率よく回せるか。しかし、効率化の陰で思考力の低下が問題となっており、「考えるのが苦手」という人は多い。
そんな時代だからこそ正しく考えることが重要だ。『京大式DEEP THINKING』の著者、川上浩司氏が、深く考えること、考え抜ける体質になるにはどうすればいいのかを解説する。

私は「不便益」について研究している。字のごとく、「不便だからこそ得られる益」。「便利を無批判に追究したために失った益を再考しよう」という信念のもと、「素数ものさし」(目盛りが素数のみの定規)や「かすれるナビ」(通った道がかすれていくカーナビ)などを開発している。

「もっと便利に、もっと速く」という世の中の潮流に飲み込まれないためにも、私自身、目の前の現象を無批判に受け止めるのではなく、その裏に隠されたメッセージを見つけようと「思考」することを心掛けている。

それに、ビジネススキルとして思考の省略を促す「仕組み化」が推奨されているが、「考えなければいけない」という不便によって生まれる益こそこれからのAI時代に必要なスキルであり、その益こそが「考え抜く力の向上」だ。

「考える」と「深く考える」の決定的な差異とは?

「考えるのは苦手」という人も多いと思うが、われわれは「考える」こと自体は日々繰り返し行っている。

では、「考える」と「深く考える」には具体的にどのような違いがあるのだろうか? この違いには、単に「どれくらい時間をかけたのか」以上の差異があることを最初にお断りしたい。

私は、「考える」という営みは「recognition=認識」と解釈している。

つまり、「目の前のものは、すでに自分の中にある概念と同じだ」と認識・確認する作業が、一般に私たちがいつもしている「考える」作業のほとんどなのだ。

たとえば朝の通勤電車、いつも以上に混雑していれば「今日は混んでいる、事故があったのか」と考え、「遅延するのでは? 駅に着いたら走るか」と頭に言葉を浮かべる。

このとき、自分の中にはすでに「電車の混雑=事故」「電車の混雑=遅延」という概念があり、目の前の「電車の混雑」という状況を見て、すでにある概念に当てはめ、別の言葉で表現したりしながら「再び(re)+認知(cognition)」する。

このように、単に「考える」とは目の前の事象と自分の知識の答え合わせみたいなものであり、ゆえに「考える」だけなら時間はかからない反面、新しい着想は生まれにくいといえよう。頭に言葉を浮かべるだけでは「考えたつもり」で終わってしまうのだ。

それでは、「深く考える」とはいったいどのような現象なのだろうか?

「深く考える」とは、たとえば未知のものを見たとき、それは何かを考えて、考えて、考え抜いた末に、新しい概念が自分の中で形作られる「cognition=認知」であり、また既知のものであっても、新たな面を見ようと思案する道筋そのものが「深い思考」となってくれる。

たとえば、人が未知の生物を目にしたとする。するとまずは自分の中にすでにある概念と答え合わせをするだろう。「犬? 猫? 狸?」と。
これが「考える」ということだ。

だが、そのどれにも当てはまらないなら、あらゆる角度で見たり、勇気を出してつかまえたり、においを嗅いだり、図鑑を見たりと、あれこれ試行錯誤してその正体を知ろうとする。

こうして、既存の知識と照らし合わせて共通項を見つけたりしながら新たな発見を試みる。

そうやって、自分の力で自分だけの発見をし、それを自分の中にコレクションしていく――つまり、「深く考える」とは、プロセスを省略せずに存分にたどり、さまざまな発見をしながら自分なりの答えを導き出すという営みそのものなのだ。プロセスに意識の重点を置くこと、これが考え抜く力の向上の秘訣といえる。

「ユニークな解答」をする京大生の思考の様相

プロセスを重視する姿勢こそ考え抜く力を高めるわけだが、京都にある寺も深い思考力を得るヒントを教えてくれる。

私のオフィスの近くにある長徳寺には、こんな言葉が掲示されていた。

「人間は本物に出会わないと本物にならない」

この言葉を考察すると、「深く考える=プロセスを省略せず存分にたどる」ということの輪郭がはっきりしてくる。

深く考えた結果の産物は、自分にとって新しい概念であるだけでなく、他者からも「ユニーク」と思われることが多い。

大学教授という職業柄、試験問題の採点を行うわけだが、数学についての採点の場合、こちらが予想していなかった、とてもユニークな解き方をする学生がいる。しかも答えは正しい。

では、彼らはどのように学習してきたのだろうか? その「学習プロセス」を考察してみると、次のような景色が浮かんでくる。

「この数式なら、この公式を暗記しておけば正解できる」という、正解に最短距離でたどり着こうとするたった1つの勉強法では、ユニークな解き方は決してできない。ユニークな解き方をする彼らは、「正解というゴールから逆算して、効率のよい1つの解き方」だけをスムーズに進んではいないということだ。

数学好きな人間はある種のフェチでもあり、過去の数学者のさまざまな解き方など、ありとあらゆる解き方に接し、勉強してきたケースは非常に多い。

つまり、ユニークな解き方をする人は、たくさんのユニーク・非ユニークな解き方に接してきている可能性が高いのだ。 

「考え抜く力」が伸びるカラクリ

よって、たくさんの解き方という「多種多様な量」をこなし、多くのプロセスを経験した学生だけが、ユニークな解き方をなしうる確率が高いといえ、プロセスを重視した「量」が、いつしか「質」に転換するのがうかがえる。

ここで京都の寺の「人間は本物に出会わないと本物にならない」という言葉に立ち戻ると、その真意が見えてくる。

「本物に出会わないと本物にならない」というのは、「だから本物に最短で出会えるよう、本物の人かどうかまずは見極めよ」と「結果ありきで行動せよ」ということではない。

「本物に出会うまでに、あなたはいろいろな生き方をしている人と出会うはず。すばらしい人もいれば、面白い人もいる。うそつきもいれば、極悪人もいるだろう。じっくりその経験をすることで、あなたにとっての正しい生き方が見えてきて、あなたも本物に近づく」。つまり、結果ありきではなく、プロセスを大事にせよ、ということなのだ。

これはまさに、「本当に考え抜けるようになるには、プロセスを意識して、重ねよ」を言い当てている金言といえよう。

思考は「けもの道」に似ている。

最初は道なき道であっても、1度歩いた後のほうが少し歩きやすくなる。だからまたそこを歩くと、さらに踏み固められていく。この繰り返しで、道なき道は道になっていく。

同じように1度考えれば、次に思考を働かすとき「考えやすく」なっているだろう。こうして思考を意識的に繰り返すことで、頭の中の「思考の道」が踏み固められ、考え抜く回路が作られていくのである。

「論よりラン」という人類の危機的誤解

工学が専門の私は、若い頃はすこぶる素直に「便利なものを作っていればいい」という「工学の宗教」を信じていて、もともとは究極の便利ともいうべき「人工知能:AI」リサーチを主とする研究者だった。

しかし、AIに「考えさせる」ことはなかなか実現できず、「思考は、人間にしかできない営み」なのだと痛感させられた。

人間に備わった「考える」という強みを活かしてこそ、これから迎える「AI時代」を生き抜く原動力になっていくのだろうが、世の中に「便利」が増えるにつれ、「思考」という自分を自分たらしめているものが簡単に省略される時代を生きていることを感じてしまう。


「考える前に行動」というのはよく聞かれるビジネスフレーズだが、「論よりラン」といった語呂合わせの標語はなぜか「なるほど」と思ってしまうから危うい。画一的に「考える前に行動」は私が専門としているデザイン学的にみても非常に安直とされるのだ。

デザイン学の分野でも「製品開発ではまず試作することが重要」と盛んに言われてはいるが、これはデザイン対象に関する事項を詳細に知る「深いインプット」をないがしろにせよという意味ではなく、試作の前にはそこにむしろ時間をかけるべきとの声も大きい。

思考のプロセスを意識的に重ねることなく、頭に言葉を浮かべて「わかったつもり」で終わったり、何も考えずアクションを起こしたりするのではなく、「思考」を途中に挟んで自分らしさを強みとして加えてこそ、既存を超える「想定以上の成果」を生むことになるのだ。