“大迫1強”に挑む興梠 「チャンスは1、2回」のブラジル戦で“J20得点”の輝き放てるか

写真拡大

リオ五輪前に味わった王国の強さ 「何もできなかった」

 今季、Jリーグで最も得点を決めている男として日本代表に招集されたFW興梠慎三は、肩の力の抜けた「いつも通り」の精神状態でブラジル戦に臨む。

 浦和レッズで20得点を挙げてJ1の得点ランク首位に立つ興梠は、出場すれば2015年の東アジアカップ以来の代表のピッチになる。ワールドカップまで約7カ月という状況での招集に意気込む面があるかというところでは、「(今までと)全く一緒ですね。まあまあ、頑張ります。いつも通りやっているし、特に変える必要もないのかなと」と、力む様子は見られなかった。

 ブラジル代表とはオーバーエイジとして参戦した昨年のリオデジャネイロ五輪直前に対戦し、0-2の完敗を喫した。当時のメンバーにはFWネイマールやFWガブリエル・ジェズスなどもいたが、そのブラジルの印象について興梠は「強いですよ、やっぱり」と、改めて話している。

「1対1も非常に強かったし、何もできなかった印象があるので、そういう意味ではA代表でもっと強いと思うし、チームでどこまで通用するのか重要だと思います。そんなにハードワークのイメージはないけど、なかなかボールを失わないし、一番は嫌なところに入ってボールを持つのが上手い選手が多い。ネイマールだけ抑えればというのなら簡単かもしれないけど、全員が自由に持たせてはいけないので。たぶん、守備に追われると思うので、チャンスは1回か2回あるかないか。そこをモノにできたらいい」

一撃必殺のカウンターに懸ける思い

 出場する場合は1トップの位置に入ることが想定されるが、日本が主導権を握った試合運びで何度もあるチャンスをゴール前で勝負することは想像しにくい。まさに、一撃必殺の攻撃で仕留めきれるかどうかがカギになる。そういった意味では、今季のJリーグで勝負強さを見せつけている興梠の得点感覚に期待する面は大きい。

 興梠もそうした展開は織り込み済みで、「カウンターが一番重要だと思うし、回される時間が多いなかで、日本がゆっくり回していてもなかなか攻められない。引いてブロックを作る感じだけど、取れるところは前で行かないと何もできずに終わってしまうと思う。前で取れる時は、連動していきたい」と、勝負どころを探しながらプレーするイメージを話した。

 FW大迫勇也(ケルン)の1強状態になっている最近のハリルジャパンで、風穴を開けることも期待される興梠。気負いのない「いつも通り」の姿勢は、ブラジルを驚かせる一撃につながるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images