アート&ミュージックフェス『MUTEK.JP』が示した未来ーージェイ・コウガミ氏が新規性を解説

写真拡大

 11月3日〜11月5日、日本科学未来館にてデジタルアート&エレクトロニックミュージュック・フェスティバル『MUTEK.JP 2017』が開催された。『MUTEK』は2000年からカナダ・モントリオールでスタートしたもので、メキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレスなど世界中で展開。2016年に東京でも『MUTEK.JP』が立ち上がり、日本では今年が2度目の開催となった。リアルサウンド編集部ではレッドブル・ミュージック・フェスティバル東京とのコラボで行われた最終日、5日のイベントを取材。さらに、モントリオールでの『MUTEK 2017』を取材した、海外シーンにも詳しい音楽ジャーナリストのジェイ・コウガミ氏に、イベント内の主要な作品について解説してもらった。

(関連:小室哲哉と浅倉大介による“PANDORA”が持つ可能性ーー2人の関係性や新曲から紐解く

 まず編集部では、VRシューティングゲームソフト・Rez Infiniteをプレイする模様を、通常プラネタリウムに利用されているドームシアターに投影し、100人で同時にゲームを体験する特別パフォーマンスを体験した。同パフォーマンスはゲームのプロデューサー・水口哲也氏も参加し、全5回を実施。6月に開催された「VR to Dome 実験:Rez Infinite」に続く第二弾イベントとなった。第一弾イベントも見ていたというジェイ氏は、前回からの変化について以下のように教えてくれた。

「このイベントは、100人で一緒にゲームプレイに没入できるというリアルイベントでのソーシャル体験が特徴です。ゲームプレイヤーがいて、360度ドームに映像が投影されるという仕組みは第一弾と変わりません。しかし、機材のスペックが圧倒的に良くなっているので、キャラクターやオブジェが動く際の色彩の変化が第一弾より繊細に映っていました。プレイヤーがその場でゲームをプレイしているので、各回で映し出される映像が全て異なるのも面白いところですね」

 さらにプラネタリウムのようなドーム空間は、ライブにおける使い方にも新たな可能性を持っているという。ジェイ氏はカナダ本国での取り組みについて以下のように語る。

「360度スクリーンのある空間では、一般的なライブ会場とは異なる感覚で映像や音を体感できます。カナダ本国の『MUTEK』でも、プラネタリウムのドームを使ったライブパフォーマンスのプロジェクト「SATosphere」が毎年用意されています。今回日本ではゲームをテーマにしたパフォーマンスでしたが、カナダではドーム仕様の特別作品を制作したアーティストが出演して、グラフィックをドームに映しながら360度にスピーカーを置いて音楽をライブ演奏したり、オーディオビジュアルに特化した実験的なパフォーマンスを行うなど、コンセプトも様々。ミュージシャンだけでなく、エンジニアやソフトウェアのプログラマ、ハードウェア・エンジニア、ビジュアルアーティストなどが関わり、密接に絡み合って完成するので、トライ&エラーを繰り返して作っていく、実験的な要素が強いです」

 続いて編集部が体験したのは目玉イベントの一つ、小室哲哉と脇田玲によるオーディオビジュアルインスタレーションプロジェクト「Tetsuya Komuro & Akira Wakita」。脇田による大陸や海を連想させる映像がスクリーンに映し出され、小室がDJとしてエレクトロなサウンドを鳴らしていたのが印象的だった。これについてジェイ氏は「アートと対話するもの」として、同プロジェクトの新しさを解説した。

「このプロジェクトは、オーストリアのアートフェス『アルスエレクトロニカ・フェスティバル 2016』で展示されていたアートインスタレーションのアップデート版です。機材や施設の問題で日本では展示できない大掛かりなものでしたが、今回ようやく日本で初披露されました。脇田玲さんが開発したソフトウェアを使って生成した映像を出力して、小室哲哉さんが自由に音楽をライブ演奏でつけていく。これがどちらもリアルタイムで行なわれていたんです。“小室哲哉さんのDJにVJがついている”というイメージではなく、“アートパフォーマンスの中に小室さんがいる”、“映像を小室さんが解釈している”という形。ステージ後方のスクリーンに流れる映像からミュージシャンが感じたものをリアルタイムで表現することで、いつものライブとは違って予想不可能な変化が起こり、オーディエンス側の想像力は膨らみます。一方で、音楽があるからこそビジュアルがよりアーティスティックになり、新たなインスピレーションが生まれる。このバランスが非常に大切です。こうした音楽とデジタルアートの作り方は、想像力や考え次第で解釈が無限に拡がるというのが興味深いところです」

 このほかにも会場ではYoung Juvenile YouthやDE DE MOUSEによるパフォーマンス、冨田勲に捧げるインスタレーション・Claire de Lune for Isao Tomitaなど、様々な企画が行なわれた。音楽やテクノロジーだけでなく、アート、プログラミングなどの新たな形を示した『MUTEK.JP』。リアルタイムでビジュアルやサウンドが相互に作用して生まれる新たな表現や、多くのオーディエンスが同時に体験できることが、今後のエンターテインメントにとって欠かせないと予感したイベントだった。(村上夏菜)