Appleは9日、公式サイトのダイバーシティ(多様性)に関するページを更新し、従業員の男女間の賃金格差を全世界すべての地域で解消したことを発表しました。

Apple従業員は未だ白人男性が大多数を占めている

Apple従業員の男女間の賃金格差が全世界すべての地域で解消されたとの発表がありました。
 
しかしながら、Apple従業員は未だに白人男性が大多数を占めているのが事実であり、Appleは女性と社会的少数者の従業員数を増やすことに務めています。
 
過去4年間で向上し続けているApple従業員のダイバーシティに関する具体的な数字は、以下の項目で確認することができます。
 

Appleリーダーの29%は女性であり、昨年から1%上昇しています。

 

リーダーの3分の2は白人で、黒人が3%、ヒスパニックが7%を占めています。

 

30歳以下のリーダーの39%は女性です。

 

世界全体で女性従業員は32%を占めています。

 

米国内の従業員は白人が54%、アジア人が21%、黒人が9%、ヒスパニックが13%、さまざまな人種の血を引く人が3%となっています。

 

世界全体で女性の技術系従業員は23%を占めています。

 

米国内の技術系従業員は白人が52%、アジア人が31%、黒人が8%、ヒスパニックが2%、さまざまな人種の血を引く人が2%となっています。

 

 
 
Source:Apple via Axios
(lexi)