ウエンツ瑛士/ヒロミ

写真拡大

9日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、タレントのウエンツ瑛士が、お笑いタレントのヒロミに無視されていたことを明かした。

番組の「芸能界びっくり交遊録!」のコーナーでは、出演者の意外な交友関係が明かされた。その中でタレントのYOUが「可愛がってくれる先輩」としてヒロミの名前をあげ、若いころから面倒見のよい先輩だったと語った。

ウエンツも「最近、スゴい仲良くしていただいている」とヒロミとの関係を話す。しかし、司会のダウンタウン・松本人志によれば、以前のウエンツはヒロミにひどく怒られ、文句ばかり言っていたそう。

ウエンツはヒロミとの出会いを振り返り「最初は最悪だった」とぶっちゃける。ウエンツいわくヒロミの前で「ちょっとはしゃいだ」そう。「めっちゃめちゃ怒られて、次に番組で(ヒロミと)会ったとき思いっきり無視されるっていう」と明かし「それはオレがいけない」と反省していた。

なお現在では、番組で共演する際には、ヒロミの楽屋で40〜50分一緒に過ごた後、収録に挑むのだという。

【関連記事】
ヒロミが妻・松本伊代との関係に本音「いないと寂しいよりつまんない」
ウエンツ瑛士が「ぼっち」に持論を展開 ネットで「よう言うた!」と反響
ウエンツ瑛士 9歳のときトラウマになった明石家さんまの言葉