SKE48高柳明音(25)が9日、都内でおこなわれた『第五回イルミネーションアワード』発表&授賞式に出席。2017年-2018年全国ウィンターイルミネーション応援大使の任命を受けた。前日とその前の日、乃木坂46が東京ドーム公演を成功させた。高柳はこれにも言及した。

 2011年に、AKB48の公式ライバルグループとして結成した乃木坂46が、7日・8日に、初の東京ドーム公演を成功させた。SKE48は、AKB48グループ2番目の姉妹グループとして2008年に結成している。

 高柳はこの日、その件について質問されると、「今、SKEは周りを見ている暇はないので、逆に自分たちの事を考えるのが楽しいです。自分たちがどう輝けるのか。何がどうライバルだとかじゃなくて、SKEだから出来る事とか、SKEだから見せれることに専念したいなって思っています」とあくまでも自身との戦いであることを強調。

 そのうえで、「いつか私たちもドームに立てるように頑張りたいです。そのときはイルミネーションみたいなものを作ってもらえるように言います」とSKE48単独で東京ドーム公演をおこないたいとの夢を明かすとともに、その際には“大好きな”イルミネーションをふんだんに使った演出をおこないたいとの展望も語った。

 なお、『イルミネーションアワード』は、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローが2013年に、「ぴあ」とともに設けた賞。全国5212人の夜景鑑賞士(夜景鑑賞士検定の有資格者)に「実際に行ってみて良かった冬期イルミネーション」というアンケートをおこない、その得票ポイントによってランクインしたイルミネーション施設を発表する。

 高柳はこの日、2017年-2018年全国ウィンターイルミネーション応援大使の任命を受け、その任命式でのスピーチで「ファンをはじめ沢山の方に伝えていけれるように頑張っていきたい」とイルミネーションの魅力を伝えていきたいとの思いを明かした。【取材/撮影=橋本美波】

イルミ応援大使に任命されたSKE48高柳明音 スピーチするSKE48高柳明音 受賞者に表彰状を受け渡すSKE48高柳明音 夜景鑑賞士検定事務局長の丸々もとお氏と撮影に応じた、SKE48高柳明音