リラックスした表情を見せる興梠。久々の招集だが、気持ち的にも以前と「まったく一緒」と平常心だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 久しぶりの代表活動だが、余計な気負いはない。気持ち的にも以前と「まったく一緒」と、平常心でいる。
 
 今回のブラジル戦は「チームとしてどこまで通用するか。大事な試合」と捉えている。出場の機会があれば「守備に追われることが多いと思う」とイメージしつつ、「チャンスは1回か2回、あるかないか。それをモノにできたら。結果を残したい」と語る。
 
 昨年7月には、オーバーエイジ枠で参戦した手倉森ジャパンの一員として、U-23ブラジル代表と対戦した。ネイマールやG・ジェズスらと同じピッチで戦ったが、当時を振り返れば、「1対1の局面も非常に強かった。何もできなかった印象がある。A代表はもっと強いはず」と警戒を強める。
 
「そんなにハードワークしないけど、なかなか(ボールを)失わないし、嫌なところに入ってきて、ボールを持たれる。そういうのが上手い選手がたくさんいる。ネイマールだけ抑えれば簡単なのかもしれないけど、全員、自由に持たせてはいけない」
 
 守備に忙殺される展開は想定内だが、ベタ引きするつもりはない。
 
「けっこう引いて、ブロックを作ってやるような感じだけど、前で取れるところは行かないと、本当に何もできずに終わってしまうのかなと思っている。前から取れる時は、みんなで連動していけたらいい」
 
 ハイプレスのスイッチを入れるのは、CFの興梠だ。連動性に富むアグレッシブな守備で相手のリズムを狂わせ、高い位置で奪ってからの速攻でゴールをこじ開ける――Jリーグの得点ランクトップの点取り屋の意地を見せたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【欧州遠征PHOTO】ネイマールの貫禄に圧倒!日本、ブラジル代表共に会見と練習の様子をお届け!