米アップルが11月3日に発売したiPhoneの10周年モデル「iPhone X」は、発売初日に店頭に行列ができるなど、売れ行きは好調だと言われている。最新のネットトラフィック解析レポートでも、この端末の利用シェアは伸びているという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

iPadも顔認証「Face ID」搭載か

 そうした中、アップルは今、iPhone Xの特徴となっている最新技術を取り入れた、「iPad」を開発していると、米ブルームバーグが伝えている。

 それによると、次世代iPadの少なくとも1つのモデルでは、ディスプレーの上下部分が本体を覆うデザインが採用される。そのため、iPhone X同様にホームボタンがなくなる。

 そして、ホームボタンに代わって採用されるのが、iPhone Xに搭載されている顔認証技術「Face ID」。利用者はこれを使って、端末のロックを解除したり、決済時の認証に利用したり、アニ文字と呼ばれる、顔の表情を基に作成される絵文字を利用したりすることができる。

 この次世代iPadのディスプレーサイズは、今年(2017年)6月に発売された「iPad Pro」の10.5インチモデルに近い。アップルはこれを、2018年の後半に発売する可能性があると、事情に詳しい関係者は話している。

 もし、この情報が正しければ、2010年にその初代機が発売されたiPadは、初めてデザインが大幅刷新されることになると、ブルームバーグは伝えている。

iPadの販売台数はピーク時の4割

 アップルにとって、iPadは、販売台数ベースでiPhoneに次ぐ規模の事業。iPadは、かつて、売り上げベースでも同社第2位の事業だった。しかし、タブレット端末市場全体の需要減を背景に、今はかつてのような勢いはない。

 アップルが先ごろ発表した2017年7〜9月期の業績を見ると、この期間のiPadの売上高は、48億3100万ドルで、パソコン(Mac)の売上高である71億7000万ドルを大きく下回る。

 また、ドイツのスタティスタがまとめたデータを見ると、iPadの年間売上高は近年右肩下がりで推移。これに対し、「Apple Music」や「Apple Pay」「iTunes」「App Store」といったサービス事業の売上高が急速に伸び、iPadを上回っている。

 iPadの四半期販売台数は、2013年10〜12月期に過去最高の2600万台を記録したあと、一転して右肩下がりで推移し、2017年1〜3月期は、13四半期連続の前年割れを記録した。

 これが、今年4〜6月期は前年同期比15%増となり、3年半ぶりにプラスに転換。今年7〜9月期も同11.4%増と、ようやく2四半期連続で前年実績を上回った。ただし、その台数は、1032万6000台と、ピーク時の4割にとどまるという状況だ。

アップルは依然業界トップ

 ただ、アップルは今もタブレットの世界市場で首位のメーカーである。米IDCの最新レポートによると、今年7〜9月期の出荷台数上位メーカーは、1位から3位が、アップル、韓国サムスン電子、米アマゾン・ドットコムで、中国ファーウェイ(華為技術)と中国レノボ・グループ(聯想集団)が同率4位。

 前述したとおり、iPadの1年前に比べた出荷台数伸び率は11.4%。ほかの上位メーカーもサムスンを除き、台数が伸びている。だが、タブレット市場全体の出荷台数は同5.4%減少し、これで12四半期連続の前年割れとなった。

 IDCによると、タブレット市場は依然苦戦している。スマートフォン需要の高まり、パソコンの強固な地位などが要因となり、買い替え周期が長期化しているのだという。こうした中、iPhone Xのような機能を持つとされる次世代iPadは、この状況を打開できるのだろうか。いずれにしても、アップルがこの市場にもたらす影響が大きいことは確かなようだ。

筆者:小久保 重信