朝市でベトナム名物の麺、ホーを売る女性。接客しながら、iPhoneなど2台のスマートフォンを交互に使い、友人らとチャットする光景は、ベトナムの経済成長を象徴する風景だ(筆者撮影)


 「トランプショック」と言われたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の米国離脱宣言で、最もショックを受けたのは、TPPで多大な恩恵を受けるとされたベトナムだった。

 そのドナルド・トランプ米大統領が10日から、ベトナム入りする。

 TPP離脱後のアジアへの関与やインド太平洋戦略を表明するとされるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議(ダナン市)への出席、さらには11日、チャン・ダイ・クアン国家主席ら指導部と会談(ハノイ市)する。

 国運を懸けた千載一遇のチャンスを潰され、腸が煮えくり返るところだが、ベトナムは満面の笑みで、トランプ大統領を熱烈歓迎する。その裏側には、すでにポストTPP時代を見据えたベトナム流の強かな貿易、外交戦略が見え隠れする。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

中国はベトナムに太刀打ちできない

 今年5月末、ベトナムのフック首相は、ホワイトハウスでトランプ大統領と早々に初の首脳会談を行った。東南アジア諸国の首脳としては、初めてのホワイトハウス入りだった。

 トランプ大統領は、「ベトナムは米国に数十億ドルもの大変大規模な注文をしてくれた。米国にとっての雇用創出だ」と上機嫌だった。

 実はこの訪問で、ベトナムは、ゼネラル・エレクトリック(GE)と航空機のエンジン、発電設備などで、総額約56億ドル(1ドル=約114円、以下同)の契約を締結したのみならず、キャタピラーとも、ベトナム国内の100以上の発電機向けに発電機管理技術の提供を受けることなどで合意した。

 さらに、関係者によると、たった数日間の訪米中に、米国製機器の輸入案件などの分野で、総額150億ドル規模の契約を締結し、中国の軍事増強に対抗しサーブやユーロファイターなどと交渉するなど、特に空軍で米国製装備の近代化拡大を急ピッチで進める中、「ベトナムが米国に新たな防衛設備の提供を要請した」(米政府筋)とも言われている。

 そんなベトナムをトランプ大統領は、「包括的パートナー」と強調する。

 一方、ベトナムは、旧ソ連時代にベトナムの最大支援国で、しかも現在は東南アジア諸国中、最大の貿易相手国であるロシアと友好国という立場から、今回のAPEC開催時での米露首脳会談の実現をお膳立てし、後方から中国を巧みに牽制した。

 また、先の5月の会談中、フック、トランプ両首脳は、南シナ海の問題でも懸念を共有。ベトナムに米国の空母などが寄港する可能性にも踏み込み協議。米国は、昨年、約半世紀ぶりに全面的な武器輸出を解禁。

 ベトナムは「昨日の敵は、今日の友となった」(チャン・ダイ・クアン国家主席)と歓迎し、アジアの小国でありながら、「米越同舟」を巧みに演出、国際社会に中国への対抗姿勢をアピールした。

 共同声明には明確化されていないが、ベトナムは武器輸出解禁を条件に、米軍がベトナム戦争時、のちには2002年にロシア軍が撤退するまで使った東西冷戦時代の要衝で、長年閉鎖されていた南シナ海軍事防衛の戦略的最重要拠点、「カムラン湾」への米海軍寄港を認めたとみられている。

 中国と陸続きのベトナムは、南シナ海に面した南北に長い約3300キロの海岸線を持ち、多くの港湾を抱え、主要な海洋ルートの交差点にある。そのため、米国の対中戦略において、ベトナムは経済や安全保障などの観点から、アジアで最も重要な拠点となり得る。

 こうした背景から、同席したロス米商務長官は、本来なら、膨大な米国の対ベトナム貿易赤字削減を強調するところだが、購買力と中間層が増加するベトナムは、長期的に米国の輸出先として市場拡大が期待できるとむしろ、歓迎した。

 実際、米国は現在ベトナムの最大の輸出相手国で、中でも世界屈指の繊維業を誇るベトナムの繊維、アパレルの輸出額の50%以上は米国向けだ。

 一方、ベトナム製品は米国における繊維、アパレル製品輸入で約10%に過ぎず、貿易不均衡は深刻だ。ここ数年、米国の総輸入額は約3%ほどの増加であるが、ベトナムからの米国への総輸出額は年率で約13%の高い伸び率を記録している。

ベトナム戦争の戦勝記念博物館。ベトナム共産党は戦後半世紀を過ぎても、国民に米国から勝利を勝ち取ったベトナムの威信と尊厳を鼓舞するため、戦争にまつわる数々の史料を揃えており、観光スポットにもなっている。米軍が置き去りにしていった戦闘機も保管されている(筆者撮影)


トランプTPP離脱もなんのその
ベトナムに対する海外からの直接投資は過去最高

 当初、米国のTPP離脱宣言で大きな打撃を受けると懸念されていたベトナム経済だが、ふたを開けてみれば、ショックどころか、これまで以上に海外からの直接外国投資額が増加。

 2016年は、前年比約10%増で、約160億ドルという過去最高額を記録した。

 一方、対米輸出は昨年15%伸び、約390億ドルに達した。ベトナムの輸出に占める繊維、アパレルの比率は約20%をも占める。

 今年も1月から7月までの繊維、アパレルの輸出額は前年同期比約10%増の170億ドルにも達し、「今年年間では300億ドルを超えると予測している」(ベトナム繊維アパレル協会)。

 トランプ大統領が訪問する首都ハノイでは、TALグループ(香港)が、サッカーフィールド約50個分の水田地帯を開発し、シャツの国内生産を目的とした繊維工場を稼働させ、米国の大手百貨店JCペニー向けのシャツも、近隣の工場で大量に生産されている。

ベトナム初代の国家主席、建国の父、ホー・チ・ミンの銅像。戦後半世紀経った今でも、ベトナム国民の英雄で、人々の心のよりどころだ(筆者撮影)


 カルバン・クラインなどの世界的ブランドを取引先に持つベトナムの衣料品メーカー、ニャベは、昨年の輸出額が2011年度比で、倍以上の約7億3000万ドルに急成長。工場数も倍増し、40近くに増やした。

 ベトナム繊維アパレル協会のジアン会長は「米国がTPPを離脱しても、ベトナムのポテンシャルは高まる一方だ。人件費が高騰するなか、中国の経済が失速し、脱中国からベトナムへシフトする企業は増え続けていくだろう」と自信を覗かせる。

 トランプ大統領の中国製品に45%の関税を課すなどとする中国に対する脅しは、グローバル企業の製造拠点を中国からアジアの隣国へシフトさせる企業行動を加速化させている。

 その最強の新天地が、ベトナムというわけだ。TPPが不透明でも、ベトナムの安価で若い豊富な労働力は、今後も多国籍企業を引きつける大きな魅力だ。

 上述のTALはつい最近、中国の工場を閉鎖した。そして、ベトナムへ大きくシフトする。

 「中国の繊維労働者の賃金は月額700ドルだが、ベトナムでは250ドル。中国の3分の1程度」(TAL関係者)は、コスト削減に大きく寄与するからだ。

 「中国からの移転先で、ベトナムに匹敵する国はほとんどない。人件費だけでなく、港湾へのアクセス、労働倫理、中間管理などでの評価も高まっている。

 TPPに関係なく、ベトナムの魅力は今後も増すのが現状」(欧米シンクタンク)と見られている。

 一方、ベトナムはポストTPP時代に向けた戦略を進め、米国のTPP離脱後も国営企業の改革を進め、国際競争力を高める狙いだ。

 小国のベトナムにとって、経済連携はまさに安全保障の強化にほかならない。米国と一層の経済、軍事連携を進めることで中国に対抗姿勢を示す一方、社会主義体制を続ける中、かつての最大支援国で友好国のロシアにも再接近するという、「遠交近攻」を用意周到に進めている。

 米国が最大の輸出国であるベトナムは一方で、実はASEAN(東南アジア諸国連合)の中でロシアの最大の貿易相手国(両国の貿易額は27億ドル、2014年)でもある。

 昨年5月には、ASEANで初めて、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンなどが加盟するユーラ シア経済連合(EEU)ともFTAを締結。

 その結果、両国の2020年の貿易額は、2014年比で約3倍の 100億ドル(約1兆1900億円)に達すると予測されている。対中依存からの脱却から、ロシアとの経済面での連携を拡大し、安全保障の基盤強化を急ピッチで進めている。

 ウクライナ問題で欧米から経済制裁を受けているロシアは、政治、経済両面で中国への依存を拡大させている一方、対アジア外交でバランスを取る必要性にも迫られている。

 そういう危機感から、昨年5月には、プーチン大統領の肝いりで、初めて「ロシア・アセアン首脳会議」(ロシア・ソチ)を開催。米中を横目に、東南アジアへの影響力拡大を進めている。

ベトナムへの外国直接投資(FDI)は、2016年、過去最高の約160億ドルに達し、米のTPP離脱後も拡大している。日本の投資額も建設、不動産分野で増加しており、2020年開通を目指し清水建設などが参画する日本主導のベトナム初の地下鉄の工事が進んでいる(筆者撮影)


 そんな中、同じく中国への経済的依存が大きいベトナムとの関係強化をアピールすることで、北朝鮮との関係も深いベトナムとの経済的軍事関係を図るトランプ政権に対抗する狙いもある。

 要するに、ベトナムは貿易黒字を誇示する最大の輸出相手国「米国」、慢性的な貿易赤字に悩まされる最大の輸入相手国「中国」、さらには、保有武器約100%を調達する最大の軍事武器供与大国「ロシア」の複雑な三大国の狭間に立ちながらも、ラストリゾート(最後の命綱)をこのいずれの超大国には依存しないことを固く誓っている。

 列強の代理戦争と化した無残なベトナム戦争体験からだが、兵役を免除になったトランプ大統領は、そのベトナムの強かさと真の怖さを知らない。

 ベトナムの強さの秘訣は、強靭な忍耐力と精神力に裏づけられたべトコン戦術の「硬」と、朝貢外交で至れり尽くせりの「軟」を、まるで1つのコインのように裏表を巧みに使い分けながら、“硬軟”の両岸から、超大国を翻弄させる戦略にある。

 破天荒なトランプ大統領がそのコインの裏側をどう見透かすか。お手並み拝見、といったところだ――。

筆者:末永 恵