@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

もくじ

ー 「ゲレンデ」MY18 中身は大幅刷新へ
ー エンジン 注目は4.0ℓV8と直6ディーゼル
ー 内装はEクラス風に Sクラスの安全装備も

「ゲレンデ」MY18 中身は大幅刷新へ

1970年の初代からつづくメルセデス・ベンツGクラスの新型は、2018年1月のデトロイト・モーターショーで公開。英国では18年春から販売される予定だ。

新型は、大まかなデザイン言語はそのままに、ディテールが大きく変わることが明らかになっている。

それだけではなく、モダンなアルミ構造を採用。このおかげで乾燥重量を160kgほど減らすことになる。また、現在のスチールボディのモデルにくらべて30%ものねじり剛性向上となることがわかっている。

一部報道では、モノコック構造を採用するとされているが、AUTOCARは引きつづきラダーフレーム・シャシーを用いると考える。ただしかなり改良されているはずだ。

フロントサスペンションは新設計。可変ダンパーも組みこまれる。そのうえドライバーアシストも充実する、というのはインサイダーの弁。構造変更によって、横幅も20mm大きくなるため、これまでより室内も広くなるそうだ。

エンジンと操舵システムについて、こまかく見ていこう。

エンジン 注目は4.0ℓV8と直6ディーゼル

エンジンは、G500が4.0ℓV8ターボガソリン(421psと62.2kg-m)を搭載。

トップグレードにあたるG63は612psと86.7kg-mを叩きだす5.5ℓV8ターボを載せるのではないだろうか。(ちなみに現行は571psと77.4kg-m)

2.9ℓ直列6気筒ディーゼルもラインナップに挙げられる。ギアボックスは新式の9速オートマティックだろう。

G400dなるグレードも2018年モデルに追加されるはずで、こちらは「OM656」型直列6気筒ディーゼルエンジンを組みあわせる。2.9ℓのこれは340psと71.3kg-mを発揮。

さらに3.0ℓ直列6気筒ターボガソリンにスターター/ジェネレーターの役割を組みあわせるマイルドハイブリッド版も加わるのではないだろうか。

もうひとつ特筆すべきは、ステアリングシステムの「大変革」。1979年に端を発するリサーキュレーティング・ボールシステムは廃止。代わりに電気機械式のラック&ピニオンが採用される。このおかげで遥かに精確な操舵を実現することは間違いないだろう。

まるで見た目はそのままに、中身は驚くほどモダンになりそうだが、じつは運転支援システムも進化しているそうだ。

内装はEクラス風に Sクラスの安全装備も

トラックのようにアップライトなダッシュボードは大きく改良される可能性が高く、たとえるならば現行Eクラスのようなモダンなものになるはずだ。

インフォテインメント・システムは、つい先ごろアップデートされた現行Sクラスと同じレベルに達する。したがってドライバーの注意力低下をアラートする「アテンション・アシスト」も組みこむことだってあり得る。

さらに「アクティブ・レーン・キーピング・アシスト」や「プリ・セーフシステム」なども備わるだろう。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『次期メルセデスGクラス』すべての画像を見る」から、これまでに入手したGクラスの全スパイ画像をお楽しみいただける。