世間ではリベラルと目されている枝野幸男氏は「自分は保守でありリベラル」と言うが…… 写真:日刊現代/アフロ

写真拡大

「リベラル」の代表と見られていた民進党が、改革保守を標榜する「希望」へ合流を図ったかと思えば、辻元清美議員は「私はリベラルの力を信じる」と、合流を拒否して枝野幸男議員らと立憲民主党を立ち上げた。だが代表の枝野氏は「自分は保守でありリベラル」だという。さまざまな“リベラル”が入り乱れている背景を、『ポストモダンの正義論―「右翼/左翼の衰退」とこれから』(筑摩書房)などの著書もある仲正昌樹・金沢大教授が解説する。

立憲民主党誕生で
「定義」がさらに難しく

 日本の政治ジャーナリズムでは最近、「リベラル」という言葉が頻繁に使われている。

「リベラル」は、共産党や社民党などの「左派」と行動をともにすることが多く、マスコミでしばしば「左派・リベラル」と表記されるので、左派の別称あるいは穏健左派であるという印象を受けるが、実際はどういう関係にあるのかよく分からない、という人が多いのではないだろうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)