30代になった大人にとっては、ひとりでもふらっと飲みに行ける普段使いの街、恵比寿。

仕事帰りにちょっと飲みたい夜に、行きつけのいい酒場を一つや二つ持っておきたいもの。

今宵、恵比寿の酒場へ立ち寄ってみてはいかがだろうか。



市場や漁港から毎日仕入れる鮮魚をお刺身で
“海おでん”と日本酒でしっぽり『日本酒はなたれ』

恵比寿駅より徒歩10分、最近の恵比寿は駅前よりもタクシーに乗るか乗らないか迷うくらいの距離にある店がイイ。路地にひっそりと佇む『日本酒 はなたれ 恵比寿』は、2015年にオープンした、日本酒と海おでんが楽しめる酒場。

カウンターのみのこぢんまりとした店内で、店主の村本氏が優しく迎え入れてくれる。なるほど、この雰囲気ならひとりでふらっとも安心、恵比寿のひとり酒デビューにも持って来いの店だ。もちろん、複数人でも、カウンターを貸し切りにすることもできる。



しっとりとしつつも、煮込んでも崩れない力強さがある「とうふ」

毎日仕入れる鮮魚は、横浜の中央市場と佐島漁港から。刺身で楽しむのはもちろん、旨い魚と日本酒を楽しむにはどうしたらいいのか、と試行錯誤の結果完成したのが「海おでん」だ。

通常のおでんと言えば、野菜や練り物などが中心だが、「海おでん」は羅臼昆布やたまり醤油で出汁を取り、独特の風味の出汁で魚介を入れて煮込んでいる。



珍しい「青海苔」のおでん。お出汁と相性抜群で、ほっこりする味

こんなものまでおでんにしてしまうのか…!と驚くほどに様々な貝や魚がいただける。秋は秋刀魚やカワハギなどが楽しめ、魚によって火入れ加減を変えることによって、一番旨い状態に仕上げるのだ。

もちろん、「大根」や「とうふ」、「半熟味たまご」などの定番人気おでんも揃っているのでご安心を。



秋らしく、「秋刀魚」もおでんで楽しめる



「カワハギ」のおでんは、もちろん肝までいただける



〆には「とうめし」を。この日は青海苔をトッピングしていただいた

最後の〆には、是非「とうめし」を。出汁がたっぷりと浸みた「とうふ」を乗せた丼は、まさに至福。お好みでトッピングも可能なので、色々なおでんを組み合わせて楽しもう。




野菜は恵比寿から100km圏内のものを直に仕入れており、バーニャカウダやストウブ蒸しとして提供する
会話ができて野菜が美味しい。どんな夕食にも対応できる『ワノバ』

『ワノバ』の店名には、“和の文化を発信する場でありたい”という想いが込められている。友達とのカジュアルな夕食や忘新年会など、いつでも気軽に使えるお店だ。

店主はじめスタッフはみなフレンドリーで親切。リラックスして会話のできるのも魅力だそう。ロフトには小さい2名席、1Fには6名まで入れる個室もあるのでデートにも合コンにも仕事の会食にも使い勝手がいい。

朝採れの東京野菜を使った料理やカレーうどんは絶品。グループでわいわい使った後には、ぜひ自分ひとりでゆっくり味わいに来てほしい。


今夜はさりげない和食でしっぽりデート!



生本まぐろ、時しらず、真子かれい、八角 ※メニューは旬により変化する
日本酒デートもOK!『恵比寿それがし』

恵比寿西の五差路の先に、大きなそれがしマークの入った幕が目に入る。

ふらっと立ち寄りたくなるようなカジュアルさと清潔感を感じる店内は、とても居心地が良い。

ほどよく暗い照明と活気あふれるテーブル席は、カジュアルなデートにもピッタリだ。



日本酒のアテにも〆にもなる万能な定番メニューの「炙り〆鯖の棒寿司」

〆には人気の「炙り〆鯖の棒寿司」がおススメだ。炙りの香ばしさ、脂の甘みが自家製の〆鯖の酸味とよく合う。

その他、日本酒を飲み進めてくれる惣菜や酒肴の品々は、「海老ねぎ豆腐」や「三代目ポテトサラダ」などの人気メニューが揃うラインナップ。

どれも料理人が手間隙を惜しまずに丁寧に仕込んでいる。



「三代目ポテトサラダ」。酒盗ドレッシングがたまらない!



心地よい活気に溢れ、つい長居をしてしまう寛げる店内。奥には半個室がある



日本酒は常時50銘柄以上を揃え、グラス500円〜とリーズナブルに楽しめる

魚介と相性ピッタリの日本酒ばかりを厳選しているから、どんどん酒が進む!

中には店オリジナルの日本酒もあり、「英雄」は、埼玉県の釜屋が醸すにごり。アルコール度数11度と控えめなので、お酒が弱い方にも。

恵比寿という街の魅力と、それがしのスタイリッシュに日本酒を楽しむ雰囲気は、普段から通う常連が多いのも納得だ。




大人数で皿を囲めば会話も弾む
楽しい時間のための美しい“大皿料理” 『雨後晴』

“同じ釜の飯を食う”という諺があるが、本来の意味はさておき、文字通りにその意味を捉えるのなら、大皿料理は宴席にとても適した食事といえるだろう。

恵比寿駅西口から徒歩5分の場所に店を構える『雨後晴』は、旬の魚や野菜を、大皿料理で気軽に楽しめる和食店だ。



右.穴子と春野菜の玉子とじ¥1,260(1人前)。鍋のふたを開けると山椒の香りが立ち上る 左.金目鯛の煮付け¥3,675。見た目も豪快なひと皿

「食事をともにするということは、同じ時間を共有すること。ひとつの皿から料理を取り分ける大皿料理なら、その意味合いはさらに濃くなると思うんです」と店主の村上宗氏は言う。

『雨後晴』のメニューの大半を占めているのは、静岡の沼津、富山の新湊などで揚がる、新鮮な旬魚を用いた料理だ。



右.土鍋盛り¥840〜(1人前※写真は3人前) 左.店奥には6名用の個室も

村上氏が自らの体で、そして、心で感じたすべては、魚を熟知した料理人の腕によって作りだされる大皿料理に集約されている。

気の置けない仲間同士で訪れ、わいわいと皿を囲み、美味を共有することで、その絆がさらに深まることをこの店は教えてくれる。


マグロの骨付き中落ちが盛り上がる!



「まぐろ骨付き中落ち」¥1,200〜
築地直送!本物の鮪の旨さに酔いしれる『鮪喜(つなき)』

恵比寿の真ん中で築地の新鮮な鮪が楽しめる“寿司居酒屋”が、じわじわ人気を集めている。恵比寿駅西口から徒歩5分、奥まった一角に佇むのが『鮪喜(つなき)』だ。

人気の理由は、築地鮪仲卸直営だから新鮮な鮪が格安で食べられる。しかも朝5時まで! 鮪は一尾まるごと仕入れ、頭の先から尾ひれまで一番おいしい方法で調理してくれるところは、さすが鮪仲卸。



食べ終えた鮪の骨を焼いてくれるサービスも嬉しい

にぎりは1貫100円〜。カウンターの目の前で職人が旬のネタをにぎってくれる。深夜でこのクオリティ、この価格で寿司が食べられるのはなかなか貴重ではないだろうか。

一番人気の「まぐろ骨付き中落ち」はハマグリの貝殻を使って自分の手で鮪を削って食べる楽しさもあり。食べ終えた骨は焼いてくれるので、残った鮪を残さず味わうことができる。ついつい骨までしゃぶりつきたくなってしまうウマさである。