「こたつでアイス」の快楽を追求するために必要なモノ

写真拡大 (全8枚)

外には木枯らしが吹き、部屋をぬくぬくに温める季節が到来しました。しかし、そんな季節だからこそ部屋の中で食べるアイスクリームは格別です。それが自分好みの味に配合した自家製ならばなおさら。今回はそんな夢を叶える「アイスクリームメーカー」のオススメを調査。4製品を比較し、使いやすさで評価を行いました。


冷蔵庫で冷やしながら混ぜる
電池式で簡単に作れる


今回比較した商品の中で一番簡単に極上のアイスクリームを作れたのはパナソニックの「コードレスアイスクリーマー」でした。



パナソニック
コードレスアイスクリーマー
実勢価格:5980円
サイズ:直径16.7×13.5cm
本体重量:615g

電池式で中身を攪拌するシステムで、材料を中に入れたらスイッチを入れて冷凍庫に入れておくだけで後は待つだけ。途中でフタを開けたりは一切不要なので、作りたいと思った瞬間にアイスクリームを作ることができるんです。



添加物が気になる人も自分で材料を集めれば安心。好みのフレーバーを加えて自分だけの味が作れます。



材料を入れたらスイッチを入れて冷凍室へイン。アイスクリーム作りの全行程が終了とはなんともお手軽です。運転開始して約3時間ほど待てば出来上がりです。

と、アイスクリームを作成する部分ではスキなしなのですが、気がかりな点がふたつあります。

ひとつめは、コンパクトとはいえ、冷凍庫に本体が入れにくいこと。もし、購入を検討しているなら、この点をご注意ください。

ふたつめは、特殊な電池を使用するということです。家電量販店やAmazonで入手することはできますが、自宅に常備しているタイプではないので、この点もお気をつけ下さい。

ちなみに、Amazonでは……



(Amazonより)

1パック615円で販売中です!


2つの味を同時に作れる
親子で食べたい人にオススメ



BRUNO
デュアルアイスクリームメーカー
実勢価格:6264円
サイズ:幅35.6×奥行13.5×高さ21.9cm
本体重量:2.2kg

こちらはあらかじめ冷凍庫に冷やしたカップに材料を入れて攪拌するタイプ。8〜12時間の予冷却が必要ですが、同時に2つの味が作れるのでお子様と一緒に楽しみながら作れば素敵なおやつタイムになりますね。


冷却時間がネック
作るには準備が必要



貝印
アイスクリームメーカー
実勢価格:2104円
サイズ:直径約16×高さ16.5cm
本体重量:1.1kg

こちらも保冷カップを冷やして作るタイプで、容量が大きいのが魅力的。攪拌に掛かる時間は20分程度ですが、保冷カップを12時間程度冷やしておく必要があり、あらかじめ用意しておかねばならないのが使い勝手の点でマイナスでした。


部屋の温度によっては
固まりにくくて使いづらい



アイリスオーヤマ
アイスクリームメーカー
実勢価格:1502円
サイズ:幅14.6×奥行14.6×高さ16.2cm
本体重量:約1kg

8時間程度の予冷却したカップで材料を攪拌して固めます。20分程度の攪拌で固まるとのことですが、部屋が暖かいとうまく固まらず、出来上がりが残念な形になってしまいました。

アイスクリームを自作できれば、カロリーコントロールも自由自在。甘さ控えめで作れば、家族の健康増進にも寄与します。夏場に限らず、オールシーズンでの活躍が期待できますので、思い立ったその瞬間のために一家に1台、備えてみてはいかがでしょうか?



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。