台湾・新竹県に住む客家の劉竹英、劉珍珠姉妹は、新埔鎮の味衛佳干し柿観光農場を経営しており、「干し柿ばあちゃん」という呼び名で親しまれている。

写真拡大

台湾の新竹県に住む客家の劉竹英、劉珍珠姉妹は、新埔鎮の味衛佳干し柿観光農場を経営しており、「干し柿ばあちゃん」という呼び名で親しまれている。同地の独特な気候や地理的条件を生かし、劉さんたちは天日干しをする伝統的な干し柿作りを続けており、伝統的な味や製法を守り続けている。新華網が伝えた。

観光客は同農場で、干し柿をつまむ作業など、柿をテーマとしたさまざまなアクティビティーに参加でき、柿の良さを知ることができる。「干し柿ばあちゃん」たちの干し柿への熱い思い、観光客と積極的に交流するスタイルのおかげで、この農村は有名な観光スポットとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/YK)