ブラジル代表のチッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブラジル代表のチッチ監督が現地時間9日、日本代表と対戦する国際親善試合前日の記者会見に臨んだ。同指揮官は、この一戦を「重要な試合の一つ」と捉えている。

 2位以下が混戦となったワールドカップ(W杯)南米予選を圧倒的な強さで首位通過したブラジル。もちろん日本から見て格上のチームだが、チッチ監督は「アジアの選手たちの特徴が全く違うことは理解している。より速く、南米の選手とはかなり違う。攻守の切り替えが素早い」と話し、普段と異なる相手との対戦に得るものがあると感じている様子だ。

 同指揮官は、「非常に重要な試合になる」とコメント。日本戦に限ったことではないが、「チームの準備の大きな一部。フレンドリーマッチだが、W杯のために重要な準備の場となる」と意欲的だ。

 チッチ監督は、日本戦で先発する予定のメンバーを公表している。今回チャンスをつかんだのは、フェネルバフチェでプレーするMFジュリアーノだ。

 チッチ監督は、「最初のアイディアではコウチーニョ、カゼミーロ、フェルナンジーニョだったが、コウチーニョはこの試合に向けてフィットしていない。このチャンスをジュリアーノが勝ち取った。彼はこのチャンスに向けて準備している」と語り、新しい戦力の台頭に期待を寄せた。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部