画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●2017年モデルは、ヒゲの濃さや肌質に合わせた9モデル11機種

泉精器製作所は11月9日、男性用の電気シェーバー「Vシリーズ」の2017年モデルを発売した。それに合わせて同日、記者向けの製品発表会が行われた。

2017年モデルのVシリーズは、2枚刃から4枚刃まで、ヒゲの濃さや肌質に合わせて選べる9機種を用意し、カラーバリエーションを合わせると11モデルになる。「ハイエンドシリーズ」「グルーミングシリーズ」「ソリッドシリーズ」の3シリーズ展開で、全機種の刃に、クセのあるヒゲを捕らえやすい新開発のアクティブキャッチトリマーを搭載した。

○気品を持つ西ローランドゴリラをイメージ、ハイエンドシリーズ「Z-DRIVE」

Z-DRIVEシリーズは、4枚刃と3枚刃の4機種を用意。推定市場価格は、4枚刃の「IZF-V977-S」が17,800円、3枚刃の「IZF-V957-T」が14,800円、4枚刃の「IZF-V937-S」が12,800円、3枚刃の「IZF-V917-R」が9,980円。

IZF-V977-SおよびIZF-V957-Tは、新開発のステンレス刃を採用。従来の刃と比べて、10倍以上の摩耗耐久力をほこる。また、新たに全自動クリーニング充電システムを開発。充電器にセットするだけで、刃の洗浄から乾燥、電気シェーバーの充電まで全自動で行うため、ヒゲを剃るたびに刃を手洗いする手間が省ける。洗浄では、シトラスが香る抗菌剤入りの洗浄剤により、刃の菌を99%取り除く。水と洗浄液の交換頻度は1カ月に1回。洗浄液は3パックで1,300円(以下すべて税別)で購入可能だ。コースとして、「全自動コース」「乾燥・充電コース」「充電コース」の3コースを備えている。

4機種ともに、業界でNO1(泉精器調べ)の大容量リチウムイオン電池を採用し、満充電から約4週間使える(1日3分の使用)。また、毎分10,000ストロークに達するターボモードを搭載し、2016年モデル「IZF-V86」と比べて剃り効率が36%アップした。IPX7の防水性能も備え、まるごと水洗い可能だ。電源ボタンを3秒以上押すと「トラベルロック」もでき、旅行や出張などでカバンに入れた時の誤作動を防止する。

○水に強いナイルワニをイメージ、グルーミングシリーズ「A-DRIVE」

A-DRIVEシリーズは、4枚刃と3枚刃の2機種だ。アメリカ国防総省の調達基準13項目に準拠。防水性能や耐久性に優れており、水辺や入浴シーンで使いやすい。また、ヒゲを剃る際に、残すヒゲの長さを2mm、4mm、6mmの3段階で調整できるグルーミングコームを備えている。価格は、4枚刃の「IZF-V757-C」が7,980円、3枚刃の「IZF-V737-A」が5,980円。

○しなやかさを持つトラをイメージ、ソリッドシリーズ「S-DRIVE」

S-DRIVEシリーズは、ラインナップに4枚刃から2枚刃までそろえる。スリムなボディとラバーグリップにより、手で持ちやすい。価格は、4枚刃の「IZF-V557-N」と「IZF-V557-R」が5,980円、3枚刃の「IZF-V537-R」と「IZF-V537-S」が3,980円、2枚刃の「IZF-V517-K」が2,980円。

●谷まりあ、胸キュン

○泉精器製作所の社長が登壇、俳優の哀川翔さんとモデルの谷まりあさんも

泉精器製作所の代表取締役社長・志摩寿一郎氏によると、電気シェーバーの年間総販売台数は、ここ数年600万台前後を推移。「総販売台数は伸びていないが、総販売価格は伸びている。より良い製品、より価値を感じる製品が求められているのだ」と、電気シェーバーについての想いを語る。そして、「2017年現在、日本のシェーバー市場における泉精器製作所のシェアは5%。2020年までに10%を目指す」と熱い決意を見せた。

発表会には、俳優の哀川翔さんとモデルの谷まりあさんも登場。今日のためにヒゲを伸ばしてきたという哀川翔さんが、電気シェーバーの実演を行った。使用したのは、Z-DRIVEシリーズの最上位モデル、IZF-V977-Sだ。20秒ほどで剃り終わり、「早い」と驚いた様子だった。その様子を傍らで見ていた谷まりあさんからは、「やっぱり、清潔感ある男性のほうがいいですね」と素直な感想が。

体験コーナーの人口毛で、哀川翔さんも使ったZ-DRIVEシリーズのIZF-V977-Sを試してみると、その剃り心地と性能に目を見張る。2往復で、8割くらいは剃ることができた。40秒ほど剃った後に触ってみると、ツルツルになっていて感動。これくらい楽に早くヒゲが剃れるなら、日々のヒゲ剃りを煩わしく感じることも減りそうだ。ヒゲを剃るのが面倒くさい、けれど清潔感を保ちたい男性は、ぜひ一度手に取ってみてはいかがだろうか。