ビジュアル

写真拡大

 東京を拠点にグラフィックデザインをはじめとしたさまざまな制作を行うスタジオStandが、初のアパレルブランド「シャツ バイ スタンド(Shirts by Stand)」を始動した。シャツをキャンバスに見立て、一枚一枚手作業でグラフィックプリントを施した一点物のシャツをユニセックスで展開している。現在自社ECサイトで取り扱っており、今後はミュージアムショップなどで販売したい考え。

 Standは以前、既成のTシャツにシルクスクリーンプリントを施すワークショップを開催し、好評を得たことから今回シャツブランドを立ち上げたという。手書きのグラフィックをスキャンしてデータ化し、一枚ずつ手作業によりプリントしており、キャンバスをイメージした直線的なカッティングや、プリントを入れやすいように左脇の縫い目をなくしたデザインが特徴。価格は税別2万7,000円で、3サイズで展開している。