ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が9日、ブラジル戦の前日会見に臨んだ。

 ハリルホジッチ監督は、10日の国際親善試合で対戦するブラジルが「現段階で世界で一番強いチーム」とみている。今のブラジルは以前よりモダンなチームだと感じており、こう続けた。

「個人も組織もかなりハイレベルだ。長い間このチームを見ているが、抜本的に変わった。以前はオフェンスしかやっていなかった。ブラジルがブロックで守備をしているのを初めて見ている。低いブロックもつくる。全員がハードワークをしている。新しいことだ」

 日本代表指揮官は、チッチ監督の手腕を高く評価している。

「新しい監督がきてから勝率も素晴らしい。アルゼンチンに負けたが、それは偶然。得点効率も本当に高い。15試合4失点で、このチームは強い。守備に規律があるブラジルを初めて見る」

 しかし、強い相手とやるからこそ見えてくるものもある。「守備をするためだけにきたわけではない」と語るハリルホジッチ監督は、「日本がどのレベルにいるのかの確認になる」と話した。

「勝てると思っているが、冷静に真面目に考えてブラジルの方が強い。世界で一番強いチームだ。しかし、トライしなければいけない。私にはこのような経験がある。特別な準備をしなければいけない。彼らがこの1、2年でやった試合を分析し、把握している。守備だけで満足したら間違い。攻撃を仕掛ける」

 ハリルホジッチ監督は、「3年かけて、勝つ文化を植えつけた」と語り、「今までの道のりは悪くない」と手応えを感じている様子。だが、「世界一のチームとはまだやっていない。本大会ではそのような可能性がある」と指揮官。「ブラジル戦とベルギー戦が終わったら、いろんな答えが出る。どのポイントを直さなければいけないかも分かってくる。選手がクラブでやるべきことも分かってくる」と述べ、世界トップレベルの2チームと対戦する今回の親善試合を本番に向けて実り多いものにしたいと考えている。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部