使い古してボサボサになったフェイクファー(人工毛皮)を、さらさらに復活させる方法に注目が集まっています。

使い古したフェイクファーが復活!?

お手入れが難しく、洗えないタイプもあるフェイクファー。秋冬はなにかと重宝するアイテムですが、うまくお手入れができずクローゼットに眠り続けてしまうことも…。

ぽるてさん(@TVXQ_porte_212)は11月5日、使い古したフェイクファーをサラサラに手軽に復活させる方法をTwitterで紹介しました。

Twitter/@TVXQ_porte_212

寝ぐせスプレーと犬用ブラシ

ぽるてさんの方法は「シリコン入り寝ぐせスプレー」をフェイクファーに吹きつけ、「犬用ブラシ」で整えるだけ。

あんなにボサボサだったフェイクファーが、あっという間にサラサラになるとのこと。この方法なら、自宅で簡単にフェイクファーのお手入れができますね。

Twitter/@TVXQ_porte_212

ぽるてさんの方法は話題となり、7日16時の時点で「いいね」は11万3000件を突破していました。

同じ毛つながりからヒントを得て…

ツイートの方法について、ぽるてさんはこう語っています。

この方法を思いついたのは、昨年か一昨年前にカーペットを「ペットブラシ」でとかしているというツイートがあったので、それで犬用のペットブラシを購入していました。

昨年の冬物を整理してるうちに、毛玉になったファーアイテムにも使えないかと思いました。セーターなど、毛素材の洗濯の仕上げには柔軟剤の代わりに髪に使うトリートメントを溶かしてつけ置くのが良いと聞いたことがありました。

それで、同じ毛つながりで髪の毛をサラサラにしてくれる「寝ぐせスプレー」があったので試しに吹きつけました。この方法なら、つけ置きできないアイテムにも使えそうだなと思いました。

手洗いした娘のファーコートと、ファーバッグ類に試しました。思いのほか良い香りがついて、毛がコーティングされてサラサラになったのでツイートしてみました。

ただし、ぽるてさんによると、フェイクファーの素材によっては効果がない場合も。

色落ちや素材を痛めてしまうこともあるため、捨てようと思っていた「フェイクファー」で試すつもりやってほしいそうです。

「すごい」「やってみたい」の声殺到!

ネット上では、フェイクファーを「サラサラに復活させる方法」に「すごい」「やってみたい」といった声が寄せられています。

捨てようと思っていたアイテムがある方は、ぜひ今回の手段を参考にしてみては。

※この記事のツイートと画像はぽるてさん(@TVXQ_porte_212)の許可を得て掲載しています。