外観

写真拡大

 明治40年創業の美術茶道具商 中西松豊軒がプロデュースしたホテル「アール モン ゼン キョウト(ART MON ZEN KYOTO)」が、京都・北祇園エリアに開業した。15室すべての部屋に本物の美術品を設え、「美術品を愛でるホテル」が体現された。
 「アール モン ゼン キョウト」は美術商街としても知られる古門前通りに立地。ホテルの名称は「禅」や自己を見つめる「MON ZEN」から由来している。
 建物は4階建てで、全客室の天井の高さが3メートル以上と広々とした空間が特徴。京都の老舗数寄屋工務店の職人たちによって選び抜かれた銘木を使い、和と用の調和と融合の美が感じられるインテリアに仕上がっている。ベッドは特別設計のハリウッドスタイルを採用。京都の老舗「丸久小山園」の宇治茶を提供するほか、アメニティではフランス発の自然派スキンケアブランド「オムニサンス・パリ(omnisens paris)」のボディケアを用意している。美術品は古美術品から現代アートまで幅広く取りそろえ、中西松豊軒がセレクトした作品を展示。また、4階全室ではプラネタリウム・クリエイター大平貴之が手がけたプラネタリウム「メガスター クラス(MEGASTAR CLASS)」が楽しめる。
 1階に併設されたレストラン・バーは、六本木ヒルズにある人気ステーキハウス「サーティーセブン ステーキハウス アンド バー(37 Steakhouse & Bar)」やパリ発のトリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ(Artisan de la Truffe PARIS)」などを手がけるスティルフーズがプロデュースする「サーティーセブン グリル バー アンド ラウンジ(37 Grill - Bar & Lounge)」としてオープン。日本の和の建材と欧米様式を合わせたスタイルで、上質な肉や魚介、オーガニック野菜をグリルした料理をメインに提供している。
 ホテルは中西松豊軒の茶室や広間、ギャラリースペースが隣接するため、今後は茶道や能、狂言、琴、舞踊といった体験型イベントの開催を検討するという。