AppleのiPhone Xのノッチ(切り欠き)部分をすでに他社が模倣し始めている可能性が指摘されています。リークされた中国ベンダーXiaomiの新モデル「Mi MIX 2s」の画像には、iPhone Xにそっくりな黒いノッチ部分の存在が確認され、話題を呼んでいます。

Xiaomi Mi MIX 2sのリーク画像

Xiaomiの新モデル「Mi MIX 2s」とみられるリーク画像が中国のミニブログサイトWeibo(微博)に投稿されました。
 
Mi MIX 2の後継機であるMi MIX 2sには、iPhone Xにそっくりなノッチ部分が確認され、インターネット市民の間には驚きの声があがっています。
 

ノッチ部分のデザインは成功した?

Appleは新モデルのiPhone Xで他社がすでに発表していたベゼルレススマートフォンの流れのなかに飛び込みました。
 
その特徴的なノッチと呼ばれるセンサー群やカメラを収めた黒い部分は、ベゼルレスOLEDディスプレイを独特な形で侵食しており、発表当初は画面の途切れなど様々な問題の憶測が飛び交っていました。
 
有名批評家からは、iPhone Xの「すべてがスクリーン。」とのキャッチフレーズは誇大広告との厳しい意見も出ていたほどです。
 
しかしながらいざ蓋を開けてみると、iPhone Xは、iPhone8/8 Plusと合わせると予約販売の売上高がiPhone6/6 Plusを超えるなど、現在飛ぶ鳥を落とす勢いです。

単なるスキンの可能性も

ただしあくまで今回の画像はリークであり、Android向けスキン(XOutOf10)の可能性も指摘されているため、Mi MIX 2sにはノッチは存在しないかも知れません。
 
いずれにせよ、ノッチ部分がベゼルレススマートフォンのデザイン選択肢として広く受け入れられつつあるということには変わりはなさそうです。
 
 
Source:Gadgets 360, /LEAKS
(lexi)