agehasprings、公開ボーカルレコーディング&アレンジワークショップ開催 玉井健二ら3名登壇

写真拡大

 プロデューサー集団・agehaspringsによるクリエイターズイベント『agehasprings Open Lab.』が、12月9日に3331 Arts Chiyodaにて開催。公開ボーカルレコーディングとアレンジワークショップを開催する。

 同イベントは3部構成となっており、第1部と第3部ではYUKIやJUJU、Aimerなどのプロデュースを手掛けるagehasprings代表の玉井健二、そしてAimerや中島美嘉、flumpoolなどの楽曲を手掛ける百田留衣による公開ボーカルレコーディングワークショップを実施する。第一線で活動する音楽プロデューサーが、レコーディングの現場で実際に行っているボーカルダイレクションを会場にて実演。さらに、レコーディングした歌に対して、実際にイベント内で編集やトリートメントを行い、エフェクト等の仕上げを施した上でワンコーラスの音源として披露する。

アゲハスプリングス社長が語る、組織的プロデュース論「プロジェクト全体を組み上げる人材が必要」

 第2部では、ファンキー加藤のプロデュースや『今夜、誕生!音楽チャンプ(テレビ朝日系)』などで審査員としても活躍する音楽プロデューサー・田中隼人が登壇。田中がサウンドプロデュース&アレンジを手掛け、実際にリリースされた楽曲をピックアップして楽曲解説を行う。会場にて自身のCubase(音楽制作ソフトウェア)を用い、楽曲のアレンジ過程を再現するといった、一般には公開されることのないアレンジ前後の違いを体験できる機会となっている。後半では、売れるアーティストや、多くの人から求められるアーティストが、どのような資質や共通点を持っているのかを、4つの異なるタイプを例に挙げて紐解くといったトークセッションを予定している。

 料金は無料で、完全事前申込制。agehasprings Open Lab.のオフィシャルサイト内フォームより申し込みが可能となっている。また、公開ボーカルレコーディングワークショップに参加希望のボーカリストも同サイトにて応募を受け付けている。(リアルサウンド編集部)