【この手があった!】どうしても使い切れない豆板醤の活用レシピ

写真拡大

調味料の「さしすせそ」は日ごろからよく使うため、使い切れないということはありませんよね。でも、テレビの料理番組で紹介されていて思わず買ってみたものの使い切れなかったという調味料はあるはず。それの代表格ともいえるのが豆板醤ではないでしょうか。そこで今回は、豆板醤を使ったレシピをご紹介します。

ボリューム満点のピリ辛チャーハン

育ち盛りのお子さんや夫も喜んでくれそうなチャーハンのレシピから。

【材料】

・豆板醤…小さじ1

・ご飯…1人前

・豚肉…100g

・卵…1個

・中華だし…適量

・ゴマ油…適量

【作り方】

1)フライパンにゴマ油を入れて火にかける

2)1に豆板醤を加えてサッと混ぜ合わせる

3)2に溶き卵を入れてたらすぐにご飯を加えて混ぜ合わせる

4)3に食べやすい大きさにカットした豚肉を加えて炒める

5)中華だしを4に加えてさらに混ぜ合わせたら完成

お好みでネギやミックスベジタブルなどの野菜を加えてもOK。味付けについては、塩コショウなどで自分好みに調えても問題ありません。

覚えておくと便利なドレッシング

続いてのレシピは、料理ではなくドレッシングに使用するレシピです。

【材料】

・豆板醤…小さじ1.5

・味噌…大さじ2

・しょうゆ…大さじ2

・みりん…大さじ2

・酢…大さじ2

・ゴマ油…大さじ1.5

・ニンニク(チューブタイプ)…適量

【作り方】

1)すべての材料をよく混ぜ合わせる

2)1を30分〜1時間程度寝かせたら完成

味噌のコクと豆板醤の辛味の相性がよく、比較的どんなサラダにも使えるはず。冷しゃぶのようなお肉料理にもおすすめですよ。

サクふわ食感のピリ辛油揚げ

豆板醤の辛味は、お酒のおつまみとしても優秀。少ない材料で一品作れるんです。

【材料】

・油揚げ…1枚

・豆板醤…適量

・マヨネーズ…適量

・しょうゆ…適量

【作り方】

1)油揚げ以外の材料をすべて混ぜ合わせる

2)油抜きした油揚げに1を塗る

3)魚焼きグリルで数分焼いたら完成

仕上げに小ねぎを散らせば彩りもよくなりおいしさもアップ。前述の作り方は一例なので、魚焼きグリルではなく、トースターで焼いてもおいしいです。油揚げがサクふわになって食感も楽しめます。

炒めものくらいしか使い道のなさそうな豆板醤も実はレシピが豊富。もし、冷蔵庫のなかで眠らせてしまっているなら、普段の料理にちょっと加えてみてはいかがですか?

(文・山手チカコ/考務店)