画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハウステンボスは11月9日、「変なホテル ハウステンボス」(長崎県佐世保市)で世界初の無人で案内・受注・アルコール提供を行う「変なバー」の運営を開始する。同施設は、ロボットが接客・案内を行い、注文決済後にカクテルやビールを自動製造・抽出するシステムを導入する。

席ごとに設定されたタブレットを通じて自動応答ロボット「アヤドロイド」が対応し、案内から提供までのサービス過程の無人化を実現した世界初のバーとなる。カクテルやビールの注文をロボット「アヤドロイド」が受け、お客との対話を通じてハウステンボスのアトラクションや土産、レストランなどのオススメまでも自動応答で対応する。

さらに、「アヤ」というアバターに扮した遠隔スタッフが「アヤドロイド」に替わってお客とのコミュニケーションを補うことも可能。これにより、ロボットサービスシステムの飛躍的向上を図り、テーマパーク内での接客販売や窓口業務などサービス業務の効率化を目指す。

変なバーは「変なホテル ハウステンボス」内(長崎県佐世保市ハウステンボス町 6-5)にて、11月9日に開業。営業時間は19〜23時となる。座席数はカウンタ―4席とテーブル6席で、メニューはカクテル6種とビール1種。日本語での対応となる。