画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Amazon Echoでできること

11月8日にアマゾンジャパンがスマートスピーカー「Amazon Echo」を国内発表した。同時に、音声アシスタントの「Amazon Alexa」も日本語に対応。米国のスマートスピーカー市場を牽引するアマゾンが、ついに日本上陸を果たした。

国内のパートナーは100社以上を発表しており、日本でも本格的にAlexaのプラットフォームを立ち上げる構えだ。各社から参入が続くスマートスピーカーだが、果たしてアマゾンは「本命」といえるのだろうか。

○狙いは音声アシスタント「Alexa」の拡大

「Amazon Echo」は音声で使えるスマートスピーカー製品だ。「アレクサ、今日のニュースは何?」などと呼びかけると、合成音声がニュースを読み上げる。これを実現すべく、クラウドで音声認識や自然言語処理を担う音声アシスタントが「Amazon Alexa」になる。

米国のスマートスピーカー市場ではアマゾンが7割のシェアを占め、2017年の出荷台数は1000万台を超えるとの予測もあるほどだ。だが、音声認識や読み上げの能力自体は、すでに日本で発売されたグーグルの「Google Home」と大差がない。

アマゾンの優位性はパートナーの数だ。Alexaで利用できる「スキル」は国内100社から265種類が提供される。すでに米国では2万種類以上のスキルが公開されている。音声認識や自然言語処理の難しい部分はAlexaに任せることができるので、自社サービスを呼び出すためのスキルを作る企業が急増したのだ。

スキルは、スマートフォンのアプリのようにストアで公開されている。たとえばJapanTaxiが提供する「全国タクシー」のスキルを入れると、音声でタクシーの手配ができるようになる。

さらに、Alexaに対応したスマートスピーカー自体も作れるため、オンキヨーやハーマンなどが製品を発表した。いわばEchoの競合となる存在だが、自動車や冷蔵庫などにAlexaが搭載されれば、Echoを使わずともクルマやキッチンから直接Alexaを呼び出せるようになる。

アマゾンとしてもEchoを売ることが目的ではなく、Alexaを使うパートナーを増やすことを優先していることがうかがえる。

●Amazon Alexaに期待すること

○スマホを補完する役割に期待

米国での盛り上がりを背景に日本でも期待されるスマートスピーカーだが、アマゾンの優位性はほかにもある。

まずは音楽サービスとの連携だ。グーグルのPlay Musicに対抗して、アマゾンも4000万曲が聞き放題の「Amazon Music Unlimited」を国内で開始する。アマゾンのサイトで買い物するときと同じ「レコメンデーション」機能があり、4000万曲の中からユーザーが気に入りそうな曲をおすすめしてくれる。

価格の安さも突出している。プライム会員向けキャンペーンでEchoは4000円引き(Echo Dotは2000円引き)だ。音楽も基本は月額980円でグーグルと同じだが、プライム会員は780円、さらにEchoだけで使えるプランは380円で提供する。ストリーミングの普及が遅れている日本だが、これを機にまずは試してみようという人が増えそうだ。

家庭内をスマート化する「スマートホーム」の実現も見えてきた。たとえば「スマート電球」の電気を消すのにスマホのアプリを立ち上げるくらいなら、壁のスイッチで消したほうが早いと思える。だがAlexaなら「アレクサ、電気を消して」とお願いするだけなので、スマホに手を伸ばす必要はない。

ロボット掃除機の「ルンバ」もAlexaに対応し、音声で「動かす」「止める」操作が可能になった。さすがにAlexaを理由に家電製品を買い換えるのは難しいが、ソフトバンク コマース&サービスが販売する「スマート家電コントローラ」を使えば、赤外線リモコンに対応した家電をAlexaで操作できるという。スマホより便利な音声という操作方法は、スマートホームの普及を後押しするだろう。

ほかにも多数の企業がAlexa対応を表明しており、音声アシスタントの本命になる可能性は高い。その先には、アマゾンが持つ買い物やコンテンツのプラットフォームをさらに強化するという狙いが見えてくる。