【福田正博 フォーメーション進化論】

 日本代表は、11月10日にブラジル代表と、14日(日本時間15日)にベルギー代表と対戦するが、まずは10月の親善試合を振り返っておきたい。ニュージーランドに2-1で勝利し、ハイチに3-3で引き分け。この2試合は「すべてにおいて中途半端だった」というのが率直な感想だ。


香川、岡崎とともに、欧州遠征のメンバーから漏れた本田

 マッチメイクでいえば、W杯での戦いを想定できるような国と試合を組むのが理想だった。しかし、先の2試合は南米や欧州のW杯予選と日程が重なっていたこともあり、日本サッカー協会も対戦相手を探すのに苦慮したに違いない。

 日本の地理的な条件なども加味すれば、不満の残る相手になってしまっても仕方のないことだ。それよりも、対戦国のレベルに合わせたメンバー選考ができていなかったことを問題視すべきではないだろうか。

 その2試合には本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠は呼ばれなかったが、この3選手以外で十分に代表戦を戦ってきた海外組の選手にとっては、「W杯に向けたサバイバルレースだ」とどんなに言われようとも、高いモチベーションで臨むことは難しかっただろう。

 所属クラブで厳しいポジション争いをするなか、コンディションを崩すリスクを考えながら日本に戻り、格下相手との親善試合を行なう。実際に口に出すべきではなかったが、選手が「なんの意味がある試合だったのか」という心情を抱いてしてしまったことは理解できる。

 ハリルホジッチ監督にしても、この2試合は、大島僚太、齋藤学、柴崎岳という3選手に再びチャンスを与えるのが最大の目的だったはず。しかし、3選手ともケガで招集できなくなってしまい、目的がはっきりしないまま海外組の選手たちをピッチに立たせてしまった。結果論にはなるが、国内組のみ、もしくは今まで招集したことのない海外組の選手を呼ぶ大胆なメンバー選考をしたほうがよかったように思ってしまう。

 そのニュージーランド戦、ハイチ戦から一転、11月10日のブラジル代表(フランス、ニースで開催)、15日のベルギー代表(ベルギー、ブリュージュで開催)とのテストマッチは、W杯本番を見据えた真剣勝負の場になる。

 これまでハリルホジッチ監督は、相手にボールを保持されて押し込まれることを想定し、いかにそのボールを奪って縦に速く攻めるかという、いわば”リアクションサッカー”を貫いてきた。それが、強豪国のブラジルやベルギーにどこまで通じるのか。現時点での日本代表の実力を測るには、これ以上ない相手だ。

 そしてこの2試合は、W杯に向けた”実質的な”最後のメンバー選考になるだろう。今回の欧州遠征を終えた後は、来年の3月までテストマッチがない。ハリルホジッチ監督はその3月の時点でほぼメンバーを決め、それ以降のテストマッチではメンバーを固定してチームを仕上げていく意向を示している。

 12月にはEAFF E-1サッカー選手権(旧:東アジアカップ)があるが、国際Aマッチウィークに行なわれる大会ではないため、海外組の招集が難しい。そのため、今回の欧州遠征は、海外組にとって本大会での代表入りをアピールする”ラストチャンス”と言ってもいい。その2試合を戦うメンバーに、本田、岡崎、香川真司が招集されなかったのは大きなニュースだ。

 長らく日本代表の主力として活躍してきた3選手だが、ロシアW杯への出場が非常に苦しい状況になった。メンバー発表後の会見で、ハリルホジッチ監督が「彼ら本来のパフォーマンスを見つけるべき」と発言している以上、来年3月のテストマッチに向けて状態を上げていくしかない。

 岡崎は、プレミアリーグ開幕から2試合連続ゴールを挙げて好スタートを切ったものの、層の厚いレスターFW陣のスタメン争いから抜け出せずにいる。指揮官が代わったばかりでトップ下でも起用されているが、とにかく試合に出て得点を重ね、信頼を勝ち取ることが必要になる。

 香川は、カップ戦やチャンピオンズリーグのグループリーグでゴールやアシストを記録するなど、過密日程のドルトムントで存在感を増している。ライバルとの競争のなかで先発の座をつかみ、リーグ戦でも出場時間が長くなれば、「本来のパフォーマンス」により近づくことができるだろう。

 メキシコリーグのパチューカで状態を上げている本田については、私は今回の欧州遠征のメンバーに選ばれるのではないかと予想していた。必ずしも、スタメンで起用されると思っていたわけではない。強豪国との試合でベンチスタートとなったときの、本田の様子をハリルホジッチ監督が見るのではないかと思ったからだ。

 予選から決勝まで約1カ月かかるW杯本大会は、スタメン、控えの選手がそれぞれの役割を全うしなければ勝ち抜くことは難しい。そこでベンチスタートを受け入れられない選手がベンチにいると、その選手の不平不満がほかの選手にも影響して、チーム内に不協和音が生まれてしまう。それは選手全員に言えることだが、過去2大会のW杯にスタメンとして出場し、チームをけん引した本田が万が一にもそんな態度を取るようなら、周囲に与える影響は大きい。

 W杯アジア最終予選ではベンチを温めることも多かったが、対戦相手のレベルはブラジルやベルギーからは格段に落ちる。12月1日の組み合わせ抽選会でポット1に入る2カ国との試合は、W杯本番で本田がベンチスタートになった際に、どのような振る舞いをするのかを見極める絶好の機会だったはずだ。

 もちろん、今回の欧州遠征のメンバーに選ばれなかった時点で、本田はすでに”構想外”と判断されたと考えることもできる。しかし、これからさらに調子を上げてクラブで得点を重ねていけば、スタメン奪取とまではいかなくとも、再び本田に声がかかる可能性はある。そのままW杯を迎えたときのリスクを、この欧州遠征でケアしておくべきだとも思ったのだが……。ハリルホジッチ監督の決断がいい方向に働くことを願うのみだ。

 W杯までに残された時間は、約7カ月。テストマッチの回数も限られたなかで、チーム全体のバランスを考えた強化をしていくことが不可欠だ。欧州遠征での2試合は、結果だけでなく、ハリルホジッチ監督のチーム・マネジメントにも注目したい。

◆19年前の悲劇! カズとW杯メンバー落選「衝撃の通告」を北澤豪が激白>>>