カミラ・カベロ、全英1位にママ悲鳴

写真拡大

ヤング・サグをフィーチャーしたカミラ・カベロのシングル「Havana」が先週末、英国でチャート・イン13週目にして1位を獲得し、カベロ一家は大興奮しているそうだ。

◆カミラ・カベロ画像、ミュージック・ビデオ

9月初めにリリースされた「Havana」は53位に初登場して以降、徐々に順位を上げ、3週間2位に留まったあと、ようやく首位に輝いた。フィフス・ハーモニー時代の英国での最高位は「Work From Home」(2016年)の2位で、これが彼女にとって全英で初の1位となった。

この快挙について、カミラは全英チャートを集計するOfficial Charts Companyにこう語った。「オー・マイ・ゴッド…、嬉しいなんてもんじゃないわ。すごくハッピーよ。興奮してる」「こういうことはお祝いしないと。だって、またあるかどうか、わからないでしょ。ママは悲鳴を上げてた。パパはそんなことなかったけど、何度もハグがあったわ。それに多分、男っぽい、パパらしい小さな叫び声もね」

「Havana」は、全米の最新チャートでは前週の7位から2位に上昇。フィフス・ハーモニー時代も含め、最高位をマークした。

Ako Suzuki