@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

自己記録3.15秒短縮 シロンを8.67秒離す

ケーニグセグはアゲーラRSをもって、0-400-0km/hタイムの自己最高記録を更新した。

タイムは33.29秒。たったの2239.5mの区間で成し遂げた。これはブガッティ・シロンの記録を8.67秒短縮するとともに、先月記録した自己タイムをも3.15秒短縮したことになる。

おなじドライバー、おなじ車両での記録更新というのも興味深い。

それまでの自己記録といえば、ことしの10月1日にマークしたもの(9月30日〜10月2日の計測期間のうち2日目で完結)。今回の最新記録は、たったの3日後、つまり10月4日にマークした。デンマークの軍用飛行場でのできごとだった。

車両の主要スペックは以下のとおり。

■乾燥重量 1395kg 
■エンジン V型8気筒5000ccツインターボ 
■最高出力 1360ps 
■最大トルク 130.5kg-m 

それでは記録達成時の動画を見てみよう。

動画 0-400-0km/hタイム=33.29秒達成

ケーニグセグのアナウンスによると「アゲーラRSのオーナーは、みずからのクルマのパフォーマンスを他メーカーと差別化するために、0-400-0km/hタイムをたいへん気にしている」とのことである。