【心理テスト】木に実ったレモンはいくつ? 答えでわかる人生の熟練度

写真拡大

 木に実る果物はいろいろあります。果物によって、それぞれ意味があるのを知っていますか? 今回は、レモンの心理テストを紹介します。

【質問】
 あなたはレモンの木を1株育てています。大切に育てたかいあって、レモンが実りました。さて、いくつ実ったでしょうか?

A:0〜3
B:4〜8
C:9〜15
D:それ以上

【診断できること】
「人生の熟練度」
 酸っぱいレモンの実は、人生の経験値をあらわしています。たくさん実っていればいるほど人生の経験値があり、熟練度が高いといえるのです。

■A:0〜3個……熟練度10% 赤ちゃんタイプ
 両手で収まるぐらいのごく少量レモンを想像したあなた。人生熟練度は10%です。あなたは必要最低限の経験しかなく、世間知らずなところもあるようです。その分、素直で困ったときは人に頼れるため、周りがサポートしてくれます。しっかりと経験を積めば、これからの可能性がとても大きいタイプでしょう。

■B:4〜8個……熟練度40% 一般人タイプ
 家で使いきれるくらいの量の想像をしたあなた。人生の熟練度は40%です。自分の能力をよく知っているため、無理なチャレンジをせずに過ごしてきたのでしょう。今何をすべきかを見極めることがうまい、世渡り上手なタイプです。新しい目標を決めることで、さらなるステップアップにつながっていきます。

■C:9〜15個……熟練度70% 修行僧タイプ
 十分にレモンが実った状態を想像したあなた。人生の熟練度は70%です。向上心がとても高く、積極的に新しいことにチャレンジし、経験値を上げてきたのでしょう。より人生の経験値を高めるため、苦労は買ってでもしたいと考える傾向があります。自分の力量以上のことも背伸びして頑張るため、ストイックな人と思われているでしょう。

■D:それ以上……熟練度90% 仙人タイプ
 たわわに実った状態を想像したあなた。人生の熟練度は90%です。人におすそ分けしても余ってしまう量は、今までたくさんの経験を重ねてきた証拠。悟りをひらいた仙人のように、自分なりの人生の答えをすでに持っているのかもしれません。周囲の人に頼りにされることも多いでしょう。今までの経験人に分け与える気持ちが、これからの成長につながります。

 人生というものは、楽しいこと、つらいこと、あらゆる経験を積み重ねることで輝きが増します。無駄な経験は1つもないのです。
(ZERO)※画像出典/shutterstock