上品なデザインのラッセルホブスのオーブントースター

写真拡大

 大石アンドアソシエイツが販売している英国の調理家電ブランドRussell Hobbs(ラッセルホブス)は、一度に食パン4枚をトーストできるオーブントースター「7740JP/7740JP-BK」を10月25日に発売した。また、ロングセラーの「コーヒーグラインダー」のマットブラックモデル「7660JP-BK」を発売する。

 トースターは、285W3本と350W1本の計4本のヒーター管をそれぞれ異なる温度出力に設定して庫内の温度を均一に保ち、パンをムラなく理想的に焼き上げる。設定温度は、300W(WARM)から1200W(MAX)まで、5段階で調節可能。一般的なトースターより長い、最大30分まで設定可能なタイマーと組み合わせ、さまざまな調理にも利用できる。

 庫内は直径25cmピザも焼ける広々サイズ。前面の扉部分は取り外しが可能で、庫内の掃除や手入れをしやすくした。サイズは幅34.5×奥行き33.0×高さ22.0cm。カラーは、「7740JP」がシルバー、「7740JP-BK」は限定色のマットブラック。税別価格は1万円。

 新たに発売した「マットブラックコーヒーグラインダー 7660JP-BK」は、コンパクトタイプながら150Wのハイパワーモーターを搭載し、中挽きなら最大60g(7〜8杯分)を約10秒で挽くことができる。操作はスイッチを押すだけで、押し続けた時間に応じて仕上がりが変わる。取り外せるグラインディングボウルの中で粉を挽くので、フィルターに粉を移す際もこぼしにくい。税別価格は5000円。