【動画でわかる】今、買うべきドライブレコーダー最強ランキング14選

写真拡大 (全53枚)

「あおり運転」についてのニュースが毎日のように報道される今、ドライブレコーダーを導入しようと思っている人は多いと思います。でも、馴染みのないものだからこそ気になる点は多く、どんなタイプを選んで良いのか迷うはず。そこで今回は全14モデルを実際に使って検証のうえ、ランキングにしました。


安くて良いドラレコを
徹底検証しました


最新機種はもちろん通販サイトなどで評判の高い製品などを中心に、2万5000円以下のドライブレコーダー13台と過去のベストバイ製品など2万5000円以上の比較用の2台の計14台を集め、自動車の専門家3名が「画質」「機能」「操作」の3つを徹底チェック。



映像は編集部と営業部が都内を実際に走行して記録したもので、設置車両はトヨタのサクシードを使用しました。

それでは早速ランキングをご覧ください。


[1位]昼夜問わず鮮明な画像と
危険回避機能豊富な一台です




GoSafe
30G
購入価格:1万9759円
サイズ・質量:L91×W55×H46mm・約94g
モニター:2.7インチTFTモニター
対応ストレージ:microSDカード
加速度センサー:Gセンサー内蔵


アンダー2万円のドライブレコーダーランキングで堂々の1位に輝いたのはPARAGO!のGoSafe 30Gです。耳慣れないかもしれませんが、PAPAGO! は海外でメジャーなドライブレコーダーのメーカーです。その知名度はダテではなく、映像は環境に左右されないクオリティを維持。安全運転を支援する多彩な機能や使いやすいインターフェースなど、バランスの良いモデルに仕上がっています。



とくに映像は解像度が高く、昼も夜もクリアな映像を録画できました。人間の目に近いナチュラルな画質のため、映像を見続けても疲れません。



昼間の鮮明な画質はもちろん…



夜間走行の録画もキレイ。ヘッドライト直撃のナンバープレートも白飛びしませんでした。

その他、機能面やコスパも優秀で、まさに万能といえる最強の1台です。

・さらに詳しい解説はコチラ


[2位]リアルな映像が見やすく
運転サポート機能も豊富です




ケンウッド
DRV-610
購入価格:3万1000円
サイズ・質量:W91×H49×D37mm・約104g
モニター:2.7型フルカラーTFT
対応ストレージ:microSDHCカード


3Mフルハイビジョン録画のほか、多彩な運転支援機能を搭載したモデル。WDRによるコントラストの表現力も高く、精細な記録映像を残すことができます。また、microSDカードの差込口が2つあったり、ボタンに配置された文字が日本でわかりやすいなど、使い勝手もバツグンです。



最大の特徴は、フルHDを超える高い解像度の録画。走行中の車のナンバーはもちろん建物の輪郭など、精細な画質を記録できます。さらに明るさの調節も自然なので、明暗差のあるトンネルの出入り口なども、とても見やすい。また、夜間のヘッドライトによる白飛びや暗がりの黒つぶれが少ないなど、画質面の実力はとにかく高いので、ドライブの思い出用にもオススメの1台です。




輝度の変化が少なく、コントラストは良好。動体のノイズも少ないです。




信号やテープランプの色もしっかり出ていて、白飛びもほとんど見られません。


[3位]操作感抜群のタッチパネルと
わかりやすいメニューが特徴です 



セルスター工業
CSD-670FH
購入価格:2万3880円
サイズ・質量:W87×D22.5×H51mm(突起部含まず)・89g
モニター:2.4インチ タッチパネル液晶


CSD-670FHは今回の検証機中、タッチパネルを搭載する唯一のモデル。小さなボタンを押すよりも格段に操作しやすいのが大きな魅力といえます。

また、搭載する超速GPSは信号のキャッチが速く、衛星で測位が不安定になる高層ビル街や山間部も正確に測位することができます。



3位のCSD-670FHは画質よりも機能や操作性がランクインの原動力となりました。画質については上位機に比べてやや粗さが目立ち、画面周辺の歪みによるにじみが気になります。それでも最大の特徴であるタッチパネルによる操作性が超優秀です。



ドラレコのボタンは総じて小さく、本体横や底面に配置されて押しにくいのが一般的。しかし、本機は2・4インチのは大きな液晶画面をタッ
タッチパネルの利便性は秀逸です。さらに設定メニューは直感操作の工夫が感じられる構成になっています。

また機能も多彩に搭載していて、運転をサポートしてくれるのも利便性につながっています。


[4位]シンプルなボディに
視認性の高い画面が優秀です




パイオニア
ND-DVR10
購入価格:2万957円
サイズ・質量:W68.5×H68×D36.5mm・104g(ブランケット装着時)
モニター:2.4インチ液晶


207万画素のCMOSセンサーで高解像度の映像を録画できます。SDカードは「連続録画/イベント/駐車監視/写真」フォルダに分かれて保存され、保存容量の比率を3つの設定から選べます。ほかにも衝撃を検知したときの「イベント録画」や手動の「静止画撮影」など、多彩な録画機能を搭載しているのも特徴です。また、最初から32GBのmicroSDカードが付属していて、購入後すぐに設置して使えるのもメリットです。



液晶画面が見やすくメニュー操作もカンタンでとくに操作性の良さが目立ちました。メニュー表示も見やすく高評価です。



液晶画面の視野角が広く、運転席や助手席からの視認性は良好です。また、大きめのボタンに文字表示はなく、液晶に表示された「→」や「+」と連動して操作することができます。


[5位]角度調整のしやすさや
Wi-Fi搭載による操作性が強み



ユピテル
DRY-WiFiV5c
購入価格:2万9185円
サイズ・質量:W85×φ40mm(突起部除く)・約70g(microSDカード含む)
モニター:1.5インチ フルカラーTFT液晶



2万円弱のモデルにしては付加機能が少なく、安全運転支援機能がないのも残念です。ただ、スマホアプリで操作できる点や角度調整のしやすさなど使い勝手は悪くありません。




周辺の解像度は低めです。周辺がやや粗く、ふんわりした印象を受けました。




明るさはありますが、ライトのにじみも若干見られます。


[6位]夜間もはっきり見える
自然な画質は高評価



コムテック
HDR-251GH
購入価格:2万6800円
サイズ・質量:W95×H56×D33.5mm・142g
モニター:2.8インチフルカラーTFT液晶



コムテックは画質の良さがポイント。F値1.8レンズで夜間も明るい映像を記録しました。ただ、搭載機能はオーソドックスでやや物足りない部分もあり、総合点を落としました。




追従性は良好で、周囲の風景まで鮮鋭な映りです。




暗所も明るく、シャープに補正されています。


[7位]解像度の高い画質は優秀も
機能はいたってシンプル



Transcend
DrivePro 200
購入価格:1万1800円
サイズ・質量:W67×H72×D34.3mm・89g
モニター:2.4インチのカラー液晶
対応ストレージ:microSDカード



上位機に迫る解像度の高い鮮鋭な画質が特徴。高コントラストで鮮鋭な画質は識者からも高評価を得ました。高画質の割に価格もお手頃ですが、その分、機能や操作性は上位にランクインした機種には劣るので、そのあたりは注意が必要です。




コントラストが高く、並走車まで精細に映ります。




やや白飛びはあるものの、明るくて視認性は高いです。


[8位]画角の広さが強みも
操作性には難があります



APEMAN
ドライブレコーダー
購入価格:7480円
サイズ・質量:D95×W53×H36mm・77g
モニター:1.5インチHD液晶
対応ストレージ:GBTFカード
加速度センサー:Gセンサー



角度調整のネジが回しにくいことや、ボタン表示が記号のみで迷いやすいなど操作性にやや難はあります。しかし画質は悪くなく、とくに視野角の広さは強みです。




視野角が広く、画面端の歪みも少ないです。




ややぼやけるものの、ナンバーはしっかり見えます。


[9位]Amazonでの人気No.1は
確かに優秀な画質です




コムテック
ZDR-012
購入価格:9980円
サイズ・質量:W58×H57×D27mm・79g
モニター:2.3インチフルカラーTFT液晶
対応ストレージ:microSDHCカード
加速度センサー:Gセンサー



価格も安いため、機能性や操作性では上位の機種には劣ります。しかし、画質は満足のいくレベルにあるので、割り切り派にはオススメ。200万画素のフルHD映像を録画可能。HDR/WDRで夜でも白飛びしにくく、逆光にも強いです。

また、LED信号機対応で、周波数の異なる東日本/西日本のどちらでも利用できます。



ボタンが底面にあるため押しにくさは感じますが、メニューの表記はわかりやすくて選択しやすいので誰にでも使えます。また、液晶画面の画質はクリアでキレイなのも好印象です。


[10位]画質だけなら
5000円とは思えないハイレベル



REXING
ドラレコ V1
購入価格:4999円
サイズ・質量:D165×W124×H77mm・91g
モニター:2.4インチ
対応ストレージ:microSD
加速度センサー:Gセンサー



歪みが小さく、ノイズレスな画質で高評価を得ました。ハイスペック機のような安全運転をサポートするような機能はありませんが、録画のみの用途なら十分活躍します。




画角は広くて歪みも少なく、サイドも見えます。




暖色系の色合いだが、ノイズレスで精細です。


[11位]昼間はキレイに映るも
夜間は白飛び多く不安です



TAXION
PDVR1080-TX-07
購入価格:1万2280円
サイズ・質量:W54×H54×D36mm・約60g
モニター:2.0インチTFT液晶
対応ストレージ:microSD
加速度センサー:Gセンサー



コンパクトで設置性の高さは長所ですが、操作は難解。画質は及第点といえますが、性能が価格に見合っているとは言い難い印象です。




鮮明で解像度は十分。日中は問題ないレベルです。




やや暗めで視認性は低く、白飛びしてしまいます。ナンバープレートが見にくいので不安です。


[12位]ルームミラー形状で頑強も
肝心の画像がいまひとつです



NexGadget
ドライブレコーダー
購入価格:6999円
サイズ・質量:D160×W120×H80mm・約200g
モニター:5.0インチIPSスクリーン
対応ストレージ:microSD
加速度センサー:Gセンサー



ルームミラータイプでしっかりつくられていますが、画質はいまひとつ。とくに夜間の画像はノイズが多くナンバーや看板が見にくいという不安があります。



ルームミラーをバーで挟んで設置するタイプ。液晶画面が大きく見やすいです。


[13位]日中の映像さえも高ノイズ
解像度の低さが目につきます



KYPLAZA
K6000
購入価格:3980円
サイズ・質量:W89×H52×D15mm・67g
モニター:2.7型TFTカラー
対応ストレージ:MicroSDカード
加速度センサー:Gセンサー



画質、昨日、操作性のどれを取っても残念な結果となってしまいました。とくに画質はノイズが多くナンバーなど重要な情報が見えないことも。録画用途オンリーで使うにも疑問符がつきます。




日中の映像なのに粗さが際立ち、明暗差がほとんどありません。動いている車のナンバープレートが読み取れないレベルです。




昼の映像よりもノイズは気になりませんが、ライトが当たったところの白飛びはひどくほとんど見えません。左右は割と明るめでやや見やすいといえます。


[14位] Amazonの人気機は
体験機としてならアリ




Easystore
PathingTek
E93
購入価格:2700円
購入価格:2980円
サイズ:不明
質量:200g
モニター:2.5インチカラー液晶
対応ストレージ:microSD
加速度センサー:Gセンサー
録画サイズ:1080フルHD画質



Amazonでは星4評価を受けている人気モデルで3000円弱の低価格が魅力。機能はGセンサーや常時録画など標準的なものだけで、運転のサポート性能は皆無です。しかし、全く見られない画像でもないので「お試し機」としての価値はあります。



格安モデルだけあって、安全機能の機能はありませんが、衝撃を検知する最低限のGセンサーと駐車監視モードの設定が可能です。

以上ドラレコ14モデルランキングでした。録画機能を重視するなら画質はしっかりチェックしたいところです。また、機能を求めるなら多少値は張りますが、価格2万円付近のモデルを選びましょう。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。